潜在意識を知ると心が少し軽くなる マインドタイプマイスター大山裕介

真実は見えるところにある訳ではない!隠された真実。

 
役割性格 天才性心理学
この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの中の4人の天才たち 潜在意識の心理学 マインドタイプ心理学と通して4タイプの自分が自分を幸せにすることへの重大な役割があります。 自分の軸を理解し定め、他の天才たちと共に自分発見をしていきましょう。

心理学は心の科学と言われているが、必ずしも心が分かると言いう訳ではない。それをアメリカなスタンフォード大学では「ダック・シンドローム」と呼んでいる。

表面は優雅に浮いているだけに見えるアヒルも水の中では必死に足を動かしているのです。心のダック・シンドローム。
これは意識の話になるのはないでしょうか。

 

顕在意識では悩んでいないように見せることはできるが、潜在意識では悩んでいような印象を受けてしまう。そして、動力として考えると水の中の方がよっぽど運動量が多いのです。

 

潜在意識も、顕在意識の6万~8万倍と言われている。
確かなことは分からないが、データ上そうなっているのであれば、そのような気がしてくるのは心理学を学んでいても情報に流されるタイプなのだと思います。

 

スポンサーリンク

真実は本心とは限らない!

真実と言いましたが、真実は本心とは別のものではないかと思います。
本心は作れないが、真実は作れるものだからです。
事実と真実の話になると長くなってしまうので、次の機会にお伝えするとして、本心は本音といって、心が反応する音なんです。

 

いくら本当っぽいことを言っても本当の音を出すことはできません。
それに比べて真実とは、後付けもできてしまう。
相手の本心を知ることこそコミュニケーションをとるうえで最重要項目になることが分かっています。

 

マインドタイプでは、潜在意識が現れる心理学ですが、コアになっているマインドと、それ以外のマインドでは音が違うのです。
どんな?という疑問には応えられないが、自分で思う音。
自分しか聞こえない音が出ているのです。

 

コミュニケーションをとっていて、相手の本音と思って接していたとしても、ほとんどが本音を言っていないのが現実ではないでしょうか。
それを無理やり聞き出そうとしても、ダックシンドロームのように、水の中まで気にする人は少ないのです。

 

そして一番厄介なのが、本人も気づいていないということが起きています。本本音が分からない状態を自分迷子といい、やりたいこと難民などと表します。
本人が気づかない相手の本音を聞き出すことが難しいのであれば、創り出せることを教えてあげることも必要になって来ます。

 

ダック・シンドロームになってしまう原因

弱いところを見せることが恥ずかしいことと思ってしまっている場合、本当は弱っていても弱っていることを出せない。
それが、過度なストレスになる場合がある。
ポジティブシンキング。こんな言葉を聞いたことがあるでしょうか。いつもポジティブに考えることが素晴らしい人生を創ると聞いたら、いつもポジティブにいなくてはならないという逆の効果が生まれます。

 

そのため、ダックシンドロームのような心の弱みを見せることができず、苦しむ結果になってしまうのです。
ポジティブな考えが悪いとは言いませんが、ネガティブがあって、それを回避することが成長だったりするのも事実なんです。

 

辛い仕事に追われているからこそ、休日は素晴らしく感じたり、嫌なことがあった後の良いことは、ただ良いことがあるよりも効果は絶大なんです。
人は幸せを感じることだけでは生きていけません。それは、幸せを続けると幸せと感じなくなってしまうからなんです。

 

幸福のギャップと私は呼んでいますが、幸せには不幸が必要なんです。
わざわざ不幸になる人はいないと思いますが、幸せを感じるために辛いことや苦しいことが存在しているとしたら、ネガティブも必要な感情ということです。

 

このように、ダックシンドロームになってしまう原因は、常に強い自分でなくてはいけない。ポジティブに考えることが正しいという思い込みから来ている。のです。


元気に見せておいて、心の中では苦しんでいる状態は必ずしも良い状態になるとは限りません。弱みばかり見せている人もいます。
悲劇のヒロイン状態になりたがるのは、悲劇の後には幸せが待っていると信じているからなんです。

 

先にどんな感情を受け取るかは自由ですが、心を出せる相手がいない人は、ネットに依存してしまうのも分かる心情です。
私個人の意見になってしまいますが、ネットの中だろうと、現実の世界だろうと心が出せる環境をつくることは心にとって安らぎの場所になります。

 

隠れた場所の痛みは、身体の不調にも繋がります。
自分の天才性を出す為ににも、弱みの出し方のうまい人はストレスで体を壊すことなく健康で過ごすことができます。

 

身体あっての人生です。
弱いことを出せないとしても、弱いところがあるということを自分では理解しておきましょう。知る、理解することが、うまくマインドをコントロールすることに繋がります。人にコントロールしてもらうのではなく、セルフコントロールすることが大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの中の4人の天才たち 潜在意識の心理学 マインドタイプ心理学と通して4タイプの自分が自分を幸せにすることへの重大な役割があります。 自分の軸を理解し定め、他の天才たちと共に自分発見をしていきましょう。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© あなたの中の4人の天才たち , 2019 All Rights Reserved.