潜在意識を知ると心が少し軽くなる マインドタイプマイスター大山裕介

【時代の変化】急激な変化を求められる若者たち!そして大人たち!

2019/08/29
 
天才性心理学 マインドタイプ心理学 自己愛
この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの中の4人の天才たち 潜在意識の心理学 マインドタイプ心理学と通して4タイプの自分が自分を幸せにすることへの重大な役割があります。 自分の軸を理解し定め、他の天才たちと共に自分発見をしていきましょう。

天才性心理学、あなたの中の4人の天才たち。
そして、人類総クリエイター時代。
急激に変化を求められる時代が始まり、その流れのスピードに心の変化のスピードがついていかなくなることがあるようです。

 

見た目は変わらないのですが、一番大切な心の部分の欠けた状態で次々と変化に対応していかなくてはなりません。
自分の中の天才に注目することと、自分は生まれながらに創造主だということを自分自身が受け入れる必要があります。

 

 

スポンサーリンク

いつの時代も自分を持つことが重要!

どんな時代になっても崩してはいけないのは、「自分」です。
自分の天才性を知り、時代の変化で変えていいのは、Doの部分で、Beは変わらない。何かをしている自分の何かが変わっても自分はそのまま残るのです。

変わっていいのは、行動や考え方です。
存在に関しては変わらず保ち続けなければなりません。存在自体を時代に合わせてしまう人がいますが、何もしていない何も持っていない自分を変えること自体不可能なことです。

どんな自分が世の中に適しているのかを考えるのではなく、自分として存在していることを自己愛と言います。
自己愛の言い方をいろんな言い方があります。それが天才性心理学やあなたの中の4人の天才たちと表現を変えて気づけるようにしています。

 

マインドタイプもその一つです。根本にあるのがこのマインドタイプ心理学の考え方なんですが、タイプ別に表れるその瞬間のタイプを天才と考えています。どんな自分も創造することができるのですから、自分好みにクリエイトすることをおすすめします。

マインドタイプでいうと、陰と陽で分けたときに現れる天才。
「感型」のタイプになります。つまり、この記事を書いている私の天才性は感型ということです。

 

想いは感型で書きながら勇型の突進力で更新するという使い方になります。このようにどんな行動や思考にも適したタイプが存在するので、何かを始めるときや壁にぶつかったときは、今のタイプを分析してみることも大切です。

ほとんどの場合は軸になるタイプ一つを使って進むのですが、それ以外のタイプを成長させていない為、切り替えができないのです。

 

この進まなければいけないという状況の時代では、天才性を発揮して自分を変化させていく必要があります。
それは、無理に自分を変えるのではなく、その状況に適したタイプを選択することで解決する問題が多いということです。

 

クリエイトした自分に自信を持ってみる

何でも創り出せる時代ということもあり、いろんな形で活躍する人が増えて来たように思えます。そして、変わらない人はその場に留まっている状態です。自分が変わらずに人を変えようと力を使っています。

心の疲弊が始まっているのですが、昭和の時代から何かと結果を残している人が変わるということは難しく、大きなことが起きても変わることができずに人のせいになってしまいます。

 

自分では変わっているような気がしていますが、周りから見ると変わっていないのです。次の時代は今まで結果が出ていなくてもがいていた人たちの出番になります。上司に変化しない人がいる場合は難しいかもしれませんが、変化や失敗を繰り返している人が成長する時代ではなく、変化や失敗を創ることができる人の時代になっているということです。

失敗は成功の元。この言葉は大昔から言い伝えられて来ましたが、失敗をしなくても成功はできます。失敗するということで人の痛みが分かるので、失敗は必要ですが、必ずしも失敗をしなくてはならないわけではありません。

 

創造は成功の元。これからの時代を創ることができるのは創造力。
妄想に近い部分ではありますが、創り出すことが令和時代の生き方になります。はっきり言いましょう。今までの成功体験ほど無駄なものはありません。

 

見たことも聞いたこともないことが必要

クリエイトするということは、「ない」ところから「ある」を創り出すことです。今までの考えは姿かたちを変えて自分のものになります。
情報に自分がプラスされて世界に一つだけのものを創ることです。

 

知識も何もないところから創り出すのですが、それは不可能です。
あるものを変換すること。情報処理力ではなく情報編集力が必要になっています。情報をそのまま受け取るのではなく、どれだけ自分をプラスして考えることが出来るかが肝になります。

見たことも聞いたこともないことを創り出す力。
正しい情報も間違った情報も必要ありません。必要なのはあなたにとって必要な情報です。

 

見たことも聞いたこともあることに自分をプラスして、違うものに変えてしまう創造力。それを自信を持って発信する度胸が時代を創るのです。
日本の義務教育は人と同じことを褒められて来ました。

それにより、人と違う部分を持つ人はいじめにあったり、寂しい思いをしたかもしれません。これからの時代ははみ出した者勝ちの世の中になります。

 

まだまだ国レベルで変わる必要がありますが、日本は変わることを恐れる習慣があります。変化が必要と言いながら変わるのが怖いのです。
変わった人は省かれていた過去を持った人が物事を決めているからです。

 

おしゃれとは人と違うことを表します。
センスとは人と違う感性を表します。
天才とは、人が創造できなかったことが閃く人のことです。
天才性とは、自分の強みと弱みを知っているからこそ進める道の方向です。

自分の信じた道を進むことが次の時代を創ります。


あなたの信じる道にはどんな景色が流れていますか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの中の4人の天才たち 潜在意識の心理学 マインドタイプ心理学と通して4タイプの自分が自分を幸せにすることへの重大な役割があります。 自分の軸を理解し定め、他の天才たちと共に自分発見をしていきましょう。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© あなたの中の4人の天才たち , 2019 All Rights Reserved.