潜在意識を知ると心が少し軽くなる マインドタイプマイスター大山裕介

自己実現の本当の姿!マインドコアを探す!

 
自己実現 マインドコア 天才性心理学 マインドタイプ心理学
この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの中の4人の天才たち 潜在意識の心理学 マインドタイプ心理学と通して4タイプの自分が自分を幸せにすることへの重大な役割があります。 自分の軸を理解し定め、他の天才たちと共に自分発見をしていきましょう。

自己実現の欲求。
これは、人間の欲求の一番高いところにあり、欲求最大の目的に設定されている場合が多いのではないでしょうか。


マズローの五段階欲求という人間の欲求を表す指標がありますが、自己実現を目指すうえで最大の手段としては、自己成長の他に何があるのでしょう。

スポンサーリンク

マインドコアの欲求を満たすことが自己実現

4人の天才が、あなたの中に存在します。
自己実現を求めるうえで、どのマインドが持つ欲求なのかが最も重要なことなんです。
本当の自分ではないマインドが求めていることを達成しても、自己の欲求を満たすという目的は達成にはなりません。

まずは自分のタイプを理解して、その他のタイプを受け入れること。
その理解がないうちに自己実現を成し遂げようとしても、足踏み状態が続くという結果になります。

目的は4人とも違います。求めていることが違うのですから、達成の形も違うんです。もしあなたが、何かを求めたとき、それが自分が本当の姿で願ったことなのかを確認する必要があります。

 

過去が作った自分。
職場で作った自分。
環境が作った自分。

この三つの自分の軸はどこになるのか。

勇型と感型は任務遂行に力を注ぎます。
感型と和型は人間関係に力を注ぎます。

この二つの違いだけでも、方向がズレていくのが分かると思います。
自分のコアを見つけ、そのコアのマインドの時に何を求めるかを知ることが出来れば、達成感というものを得ることが出来ます。

逆に、コアではない自分で考えてしまってしるときの目的は、自分本来の目的ではないので、注意が必要です。

 

自分の価値はどこに設定されてますか?

人間の価値とは目に見えないものです。
その見えない何かを求める時に、どこが変わったら達成と言えるのでしょうか。

見える部分の目標には届くかもしれませんが、見えない何かを探すことの方が重要な一歩になるんです。

つまり、自分の価値をどう受け入れるかで、自分の持つ才能を開花させることに繋がります。

自分の存在に価値付けをする方法としては、自分の気持ちに素直になることが大切なのですが、その自分の気持ちが分からなくなる場合があります。

世の中に正解が溢れているということから始まる勘違い。これは、自分の好きがブレてしまうことを言います。
簡単に言うと勘違いなんですが、それを本当の自分の気持ちと思い込んでしまうことがあります。

本当はどれでもいいのですが、周りの環境や、付き合う人の価値観で、自分が染まってしまっている状態です。本来興味が無いものが良く見えてしまったり、欲しくないものを欲しくなったりしてしまいます。

その状況が続いてしまうと、本来の欲求が満たされていない状態を自分の欲求だと思い追い続けてしまいます。
辿り着いたゴールに満足感はありません。

本当に欲しかったものはこれじゃなかったという後悔まで生まれて来そうです。進めば進むほど自分を納得させたくなります。自分が間違っていたと求めたくない一心で。
無念という状態に向かって一生懸命進むということがどんなに人生において無駄な時間か考えなくても分かると思います。

気づくのは早い方がいいのですが、好きだけを求めていると気づくのが遅れてしまいます。自分の求める設定は「嫌いなこと」から探すのが早道だと思います。

これは私の考えですが、おすすめな自分の見つけかたです。


価値とは、自分が周りの何かに動かされない心が大事です。どちらかというと好きなものはブレますが、嫌いなものはブレにくいものです。

だからこそ、自分の本質を探るには嫌いをはっきり感じることが重要です。

 

自分に目覚めマインドコアを目指す!

自己実現の表現に違いはあるとは思いますが、生きる指針になります。
あなたの生きる目的はなんですか?
この問いに迷ってしまう瞬間が、心境的にあるのではないでしょうか。

「豊かに生きる」
「笑顔で過ごす」
「関わる人を幸せにする」
「大金持ちになる」

このような感じで、求めるゴールというのは人それぞれに設定されていると思いますが、質問された時にはっきりと答えられる人はどのくらいいるでしょうか。

ほとんどが、何かに包んだ状態で、何を言いたいかが分からないと思います。それは、迷っている訳でもなんでもありません。
ゴールにはさほど差はないということです。

「幸福と不幸のどちらを選びますか?」答えに差はありません。
「笑顔と暗い顔のどちらが好きですか?」答えに差はありません。
この場合、仕草や表情は好みがあるので、暗い顔に惹かれるという場合はありますが、ほとんどの場合、答えは一緒です。

このように、人間のゴールはほとんどが同じ方向を向いています。

 

どこで差が出るのかというと、ゴールに向かう為の指針です。
どんな自分でそこに向かうかで、差が出ます。
「どんな自分?」の部分がマインドコアになります。どんな自分でも幸せになれれば満足という人もまず居ないでしょう。

それが自己実現の姿なんです。

誰もが好きな自分の姿でゴールを目指したいものです。嫌いな自分では周りが幸せになったとしても、同時に自分の幸せを重ねたときに幸せの主人公が自分ではなくなってしまいます。

 

好きな自分で迷ったときには、嫌いをはっきりさせることが自分の人生を左右します。


〇〇をやる自分で目指す!
〇〇をやらない自分で目指す!


例えば「嘘をつかない自分で幸せを目指す!」という指針が分かりやすのではないでしょうか。
あくまで、好きを迷ったときに有効ですので、好きに迷ったら嫌いで判断してみましょう。

 

まとめ

本当の自分と表現していますが、まとめると「好きな自分はブレる」ということです。
言い方が分かりずらいようであればブレるというところを進化するに変換して考えてみてください。

「好きな自分は状況によって進化する!」

好きなことを見つける。やりたいことを見つける。幸せに向かうときには必要なことです。

ですが、見つからないときに不幸感を感じるようであれば、逆を考えることが得意なのかもしれませんので試してみてください。

嫌いなことを見つける。やりたくないことをはっきりさせる。この逆転の発想が未来を大きく変えるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの中の4人の天才たち 潜在意識の心理学 マインドタイプ心理学と通して4タイプの自分が自分を幸せにすることへの重大な役割があります。 自分の軸を理解し定め、他の天才たちと共に自分発見をしていきましょう。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© あなたの中の4人の天才たち , 2019 All Rights Reserved.