【コラム】豊かな心を創造する

セルフイメージの高め方!スタートに欠かせないのは準備ではなく自信

2020年3月3日

セルフイメージの高め方を解説します。
セルフイメージとは「自己肯定感」のことです。
セルフイメージを高めるためにはまず準備が必要になります。

準備に時間をかけているくらいなら初めてから調整した方がいいと思うので、
ここで準備をしないで始める方法をお伝えします。

何事も準備が必要です。
それは間違いないのですが、準備のし過ぎでマイナスの結果まで想像できてしまうんです。

マイナスの結果をイメージできた時点で
「さあっ、張り切っていこう」とはならないんです。

考えれば考えるほどネガティブなイメージを持ちやすくネットなどで勉強をするのはいいのですが、頭の中で考えている状態で知識を詰め込もうとしてもプラスの結果が浮かばないのが実情です。

スタートに必要なのは準備ではなく勢い。
勢いだけで何かを始めると周りに批判されやすいとは思います。
それをねじ伏せうるくらいの勢いで進んでしまいましょう!

広告
スポンサーリンク

セルフイメージは一瞬で高まる

まずネガティブなことを言ってくる人に合わないことが大切です。
そして勉強し過ぎないこと。
まず必要なのは始める知識です。


ですが、始める知識だけで始められれば苦労はしませんので、継続することを中心としたルーティンを作っておきましょう。

続けることがイメージできたらセルフイメージって下がらないんです。
これは、実践していて分かるのですが、始める前に結果をイメージするのではなく始めることと継続する感覚を学ぶ。

苦にならないように続けるためには、どのくらいの頻度で続けることが可能かという知識だけでいいと思います。続けるために必要なことは主要時間です。

始めることができて続けることができればどんなことでも結果がでます。

つまり、セルフイメージとは自分はできる状態に持って行くことで高まるんです。
そのためにすることは一つ。

始めることです。

セルフイメージの高め方と維持する方法

誰でも失敗はしたくないものです。
失敗は成功の元と言われても失敗するようにスタートする人はいないと思います。
この言葉を見る限りでは失敗したくない=成功したくないということになってしまいます。

ですが、成功を最初からイメージする必要はありません。
あなたには、想像できる結果よりも想像を超える結果が待っているからです。

想像を超える結果が確実に待っているとしたら、あなたは行動しないでしょうか。
おそらく成功が確定していると言われてもしないと思います。

 

だからこそ、数で勝負することをおすすめします。
量より質ということば通り、数をいくら重ねようと質が高いものには敵いません。

これも事実です。

ではなぜ量の方が大事なのかというと、質は量がないと良くならないからなんです。
量をこなすことで自信が月つき質を高めようと努力もできます。
量を打てないのに質を高めるということは無理なんです。

スキルを上がるには練習をするしかないというのが結論です。

 

準備と同じですが、質の高いビジネスをしようと考えれば考えるほどスタートは遅くなり、結果も出ない状況が続いてしまいます。

スタートすること続けること、失敗すること。
これだけがあなたを成功させる手段になります。

実践でしか上がらないもの

実践してからしか上がらないものがあります。

それは体験してから手に入れられるものです。
実践していない状態では結果を予想できてもどんなことで成功するかを想像できません。
何をするにしても最初に必要なのは自信と勇気だけです。

つまり、成功するために必要なのは始めることしかありません。

 

慣れを作るために必要なのは続けること。
体験です。体験を通して成長していきますが、その体験を頭の中だけで行っても無意味です。
そこで想像される結果は妄想でしかありません。

ぜひ始めることに躊躇しているのであれば、スタートの仕方だけを学んでくtださい。
結果には時間差がありますので急がない方がいいと思います。

ましたや人と比べることも無意味です。

 

始めていない状態で、できる人を見ると簡単に見えたり、難しそうに見えたりと様々な感情が生まれますが、それをどのように自分への活力に変えるのかというと、活躍した姿を創造することが必要になります。

できないのは当たり前なので、できるイメージを持つこと自体が難しい状態です。
だからこそ考える前にスタートしてみて自分に合うようであれば続ける。
逆に合わないようであればやめることをおすすめします。

まとめ

セルフイメージの高め方なんですが、記事を読んでもらえるとお気づきかちと思います。
続けた続けた姿を創造できるくらい続けてみるということです。

何時間参考書を読んでも頭がうよくならないのと同じ
空手の本を10年読んでいても強くはなれないのです。

どんな些細ななことでも続けること以外んにセルフイメージを高めることは難しい問題です。
まずは始めることと続けること。


自分は成功できるという創造よりも自分は足りない部分は多いけど、続けることに関してはけませんという状態にもっていきましょう。

 

最後までありがとうございました。

広告
スポンサーリンク
広告
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

大山裕介

あなたの中の4人の天才たち 潜在意識の心理学 マインドタイプ心理学と通して4タイプの自分が自分を幸せにすることへの重大な役割があります。 自分の軸を理解し定め、他の天才たちと共に自分発見をしていきましょう。

Copyright© 「あなたの中の4人の天才たち」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.