潜在意識を知ると心が少し軽くなる マインドタイプマイスター大山裕介

あなたはどのキャラクターを選んでますか?

 
苦手を克服 克服出来ない理由 マインドタイプ心理学 マイスター大山
この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの中の4人の天才たち 潜在意識の心理学 マインドタイプ心理学と通して4タイプの自分が自分を幸せにすることへの重大な役割があります。 自分の軸を理解し定め、他の天才たちと共に自分発見をしていきましょう。

あなたの中の4人の天才たち
あなたは普段選んでいるのは、得意なキャラクターです。ですが、生活する中で、そしくは仕事をする中でその場面で活躍するキャラクターを選んでいるのです。では、その選んだキャラクターをプレイしているときは自分ではないのか。どんな自分を選んでいても自分というプレイヤーは変わらないのです。

 

スポンサーリンク

自分じゃない自分に変わってしまうこともある

長い仕事生活で、普段の自分よりもサブ的なキャラクターの方が長くなる場合があります。
本当の自分は、物静かで控えめな性格をしていたはずが、仕事でなにかのプロジェクトを任された瞬間、状況が自分を創り上げます。
過ごしやすい自分から活躍する自分を創り出したということです。そして、その仕事用の自分でいる時間が長い分、本当の自分に戻れる時間が少なくなります。どっちが本当の自分かが分からなくなる状態です。

仕事用の自分が不幸という話ではなく、自分で生きるうえで大事なのが、本当の自分に戻れる瞬間です。自分に戻ることが出来ないと、どんなに成果を出したとしても、心のどこかで満足できていない状態になります。

人は、本当の自分で物事を判断しているので、違う自分では納得できないようになっています。仕事用の自分で成果を出したときも、仕事用の自分で成果を出したということを本当の自分がそれを喜ぶという客観視する状態です。

成果を出した自分が本当の自分という考え方をしてしまう場合は、自分を客観視できていない状態。つまり、満足できない自分の時間になります。

自分を勘違いすると何が起きるのか?

自分を勘違いしている状態が長く続くと、自分を見失います。見失った後は、いくら成果を出していても、自分では納得できず、その分頑張るようになります。その状態をいくら続けていても、自分ごとが他人事の状態です。

心のどこかで「よかったね」という他人事の感想を持ってしまいます。本当の自分の時間が一日2時間だとして、仕事の自分の時間が8時間あります。どっちが本当の自分かを考えると、長く過ごしている仕事用の自分になってしまうかもしえません。

仕事の自分で過ごしていて、本当の自分もその自分で納得できるならそれでいいのですが、例えば仕事を辞めなくてはならなくなった時、あなたは誰になるのでしょうか。その瞬間に本当の自分に戻れるのでしょうか。

本当の自分を知っておくと、どんな状況でも自分に戻ることが出来ます。忘れがちになってしまう本当の自分。それが、その自分の望みが叶うことが目的なんですが、仕事用の自分でも、誰の状態でもいいから成果を出すだけの創り物の自分に染まってしまいます。

社内で一番の結果を出しても。
日本で一番でも。どんな結果を出してもなんだかしっくり来ないという心の状態になってしまいます。そこで起こるのが「自分迷子状態」

仕事の自分が納得する結果が良くても、収入がどんどん上がっても、心が幸せを感じない状態になります。それは、自分自身の目的ではないからです。本当の自分の目的が、「関わる人の幸せ、仲良く結果を出す」ということであれば、「どんな状況でも結果を出す」という結果では納得出来ないのは当たり前なんです。

仕事の面では成功という形に見えるかもしれませんが、自分が求める成幸ということになっていないのです。心とは、自分の信じた結果しか喜ばないようになっています。

素晴らしい結果を出しても喜べないときには、本当の自分が他に居るというサインです。

まとめ

本当の自分とは、喜びを得たときに分かります。
何か嬉しいことがあった時に喜べる自分の本当の心を探してみてはいかがでしょうか。心は正直です。いくら世間的に良い結果であっても、心の底から喜べない結果は、あとに何も残りません。

マインドタイプでは、本当の自分を見つけ、違った自分を客観視することで、どんな結果も喜べる状態になります。自分が何種類か存在していますが、喜ぶ自分という本来の姿を常に持っている状態です。

気には立派な枝だけでなく、幹があり、土の中には根っこがあります。

枝葉の結果ばかり良くても、幹の存在が大事で、その下を支える根っこの部分が必ず必要になります。

目先の結果ばかり気にしていては、根っこが喜ぶ結果になっていない場合があります。収入が増えることだけが成功と呼べないように、給料だけがあなたの満足の形ではないはずです。

ぜひどんな自分が本当の自分なのかを考えてみてください。
自分の軸になるタイプは本当の自分の望みを知らせてくれます。それと同時に、作られた自分の存在も認めることが出来ます。

自分を見失わない為に必要なのは、心が本当に喜んでいるかどうかです。

喜べていない最高の結果は、あなたにとって価値はないかもしれません。

本当の自分で喜べる形は、他の人には絶対に分かりません。自分で見つけるしかないのです。今喜んでいる状態なのか。それとも、この先の結果が良くても喜べる状態ではないのか。

仕事の自分と、本当の自分は同じ人物なのかを考えてみてください。

考えるだけで、違った視点の自分を見つけられるかもしれません。
自分自身の喜びを目的にしてみると、どんな結果でも喜べるという幸せが手に入ります。

 

最後までありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの中の4人の天才たち 潜在意識の心理学 マインドタイプ心理学と通して4タイプの自分が自分を幸せにすることへの重大な役割があります。 自分の軸を理解し定め、他の天才たちと共に自分発見をしていきましょう。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© あなたの中の4人の天才たち , 2019 All Rights Reserved.