潜在意識を知ると心が少し軽くなる マインドタイプマイスター大山裕介

悩むマインドと解決するマインド!悩みは解決するようになっている。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの中の4人の天才たち 潜在意識の心理学 マインドタイプ心理学と通して4タイプの自分が自分を幸せにすることへの重大な役割があります。 自分の軸を理解し定め、他の天才たちと共に自分発見をしていきましょう。

自分の悩みは自分で作っていて、自分で解決しています。私たちは自分でしか悩みを作れない存在です。そして、その解決方法を知っているのも自分なんです。

 

4つのマインドを考えると分かりやすいので、マインドタイプでご説明します。

 

勇型の悩みは和型にあります。
考型の悩みは感型にあります。
感型の悩みは考型にあります。
和型の悩みは勇型にありそうですが、全部にあります。

 

和型は全体を見るマインドになりますので、どんな悩みも持ってしまいがちです。ネガティブに考えてしまいそうですが、解決をするのもどのマインドでもできるということです。

 

 

スポンサーリンク

悩みは違うマインドが解決する!

 

これは潜在意識の絶対の法則なんですが、悩みを作ったマインドでは悩みは解決できません。解決するのも自分なんですが、違うマインドが解決します。悩みを作ったマインドで悩みを解決しようとしていると苦しくなります。

 

解決に向かうどころか悩みが深くなります。それは作ったマインドだからなんです。状況が悪化するのも同じ原理になっています。

 

最初にお伝えした悩みを作るマインドの関係なんですが、見れば分かると思いますが対角のマインドがあなたの悩みを作っています。悩みは外部からくるものではなく内部からのものです。

 

私は和型なので、解決するのは他のマインド全てで行います。ですが、分かりづらいので感型で解決するようにしています。その方が早いんです。

 

自分のコアになるマインドが得意とされていますので、自分自身を表すのがマインドコアになります。そのマインドで生きている途中で悩み始めます。内容は対角にあります。そのことに気付けると解決するのは対角か横隣のマインドになります。

 

二番目に得意なマインドは立て隣のマインド。そのマインドは悩みを解決するときに使うのではなく、自分を加速するときに使います。

 

マインドコアで通常暮らしています。無意識の状態はマインドコアになります。そして、苦手なマインドで悩みを作り、横隣で解決させます。この流れが自分のマインドが繰り返す感情のサイクルです。

 

同じマインドでは悩みは解決しないと覚えておいてください。

 

 

マインドをうまく活用できない場合は、自分じゃない誰かが解決する!

 

今までは自分の中で解決する方法をお伝えしましたが、極論ですが自分では解決しないことがほとんどです。それは、マインドをうまく活用できる人が少ないからなんです。マインドタイプ心理学を学ぶ私でもマインドをうまく活用できていないときがあります。

 

そんなときは、違うマインドコアを持っている人と会うことで解決に向かいます。私の場合感型で解決するので、感型の人と会うと解決に向かいます。和型は万能な解決をしますので、自分のマインド以外の人と会うと解決に向かいます。

 

基本は解決しますが、解決しないで時間に任せる場合もあります。

 

自分で作った悩みはなかなか自分では解決できないのです。それはマインドを理解していないからです。そして、おそらく考型の人と和型の人はマインドをうまく活用できると思います。

 

陰と陽で分けたときの陰にある2つのマインドが他のマインドを使うことがうまいと思います。うまいという表現が合っているかどうかは分かりませんが、活用することが得意という意味です。

 

陽のマインドの特徴は、自分のスタイルを崩さないというマインドです。自分をしっかり持っているという点では良い方向に進む早さもありますが、自分をなかなか変えられないという面も持っています。

 

この二つのマインドの人は悩むと自分ではなかなか解決しません。この場合は和型のマインドコアの人か考型のマインドコアの人と会うことで解決に向かいます。自分を強く持つことは大事ですが、自分じゃない誰かの存在を大切にすることが悩みと向き合うこともプラスに転じることができます。

 

自分でなんとかするよりも早く解決させることができるのは自分じゃない誰かの存在です。

 

 

まとめ

 

今回は、悩みを解決するのはマインドコアではないということをお伝えしました。4人一組のチームを作って行動をしていると意見が全く分かれてしまいますのでぶつかることも多いと思いますが、何か悩みを抱えてしまったときに解決する早さがあります。

何かチームで行動することがあるのであれば、マインドタイプを調べて、それぞれ違うタイプでチームを組むと成果に向かうスピードも上がりますし、悩みを抱えた人が自然に立ち直れます。

 

和型の私の悩みは苦手な対角のマインドである勇型の得意な分野です。つまり行動が苦手。決断が苦手というところです。解決の方法は感型が持っています。自分の中の感型を使うことでも解決はできます。感型の得意とする直感、インスピレーションという分野を活かすことで解決方法が見えて来ます。

 

マインドをチェンジする方法は別の機会にお伝えします。
思い出したら、こちらをリライトしようと思います。

 

最後に一言だけお伝えいたします。

 

自分のマインドをチェンジする方法は「感情のコントロール」です。また次の機会に詳しくお伝えします。書かないのではなく書けないのです。インスピレーションを待ちます。

 

それでは、最後までありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの中の4人の天才たち 潜在意識の心理学 マインドタイプ心理学と通して4タイプの自分が自分を幸せにすることへの重大な役割があります。 自分の軸を理解し定め、他の天才たちと共に自分発見をしていきましょう。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© あなたの中の4人の天才たち , 2019 All Rights Reserved.