【悩み】を考える

【悩みの種】タイプで解決の方向へ向かう

2019年3月5日

潜在意識のタイプであなたの悩みの種を知り解決する方法をお伝えしていきます。
脳のタイプの違いを知りお互いを理解するとコミュニケーションをとるときに役に立ちます。
心のタイプを重ね合わせることで自分の本質のタイプが理解でき心の葛藤という外部的要因による悩みに対する知識を付ける方法です。

心のタイプを知ることで相手と自分の違いはなんなのかを考えることで、ストレスが減り、コミュニケーションがとりやすくなると同時に悩みに進行しない状態を自分で作りだすことができます。

 

 

広告
スポンサーリンク

脳と心では別のタイプが存在する

 

脳のタイプと心のタイプは似ているようですが違いが存在します。

  • 脳は考える能力
  • 心は感じる能力

脳は長い時間をかけると変化してしまうことがあります。
もともと同じタイプなんですが育った環境などで訓練されてしまう場合があります。
タイプはもともとの自分のスタイルですが思い込みでも変化していまいます。

この思い込みこそが悩みの種にあたります。

思い込みを外すことが悩みの種を無駄に撒かない方法といえるでしょう。
思い込みを取り除かないと辛いと思うことが多かったり、苦しいことも多く感じられるようになります。
楽しいことをしていても何か物足りない感を感じてしまうこともありますので、自分のタイプを知ることで満足する感覚に変わっていきます。

全ては始まりは自分を知ることにあります。

 

脳の4タイプと心の4タイプ

脳の4タイプ
「勇型」「誠型」「義型」「礼型」

脳のタイプを知るにはこのサイトが
分かりやすく解説されています。

https://honmadekka-matome.com/page-102/


心のタイプ
「論理的タイプ」「直感的タイプ」

物事を捉えるときにどのように捉えるか。心がどちらから反応するかで違いがあります。
これはスタートだけの話ですのでどちらもあるはずです。

考えることから入る人と直感で感じ取ってしまう人の違いです。
考える人は論理的に分析してから感じとります。
直感的な人は感じてから考え始めるという違いがあります。

脳のタイプと一緒で、合わないと思う相手のタイプを知ると根本的に合わないのが分かります。
合わないのが自然という考えに変わります。
タイプを知ることが人間関係の改善の第一歩なんです。

人間関係の悩みが消えてしまう人も居ます。相手のタイプを完璧に知ることは難しいかもしれませんが、せめて自分のタイプを知ることで道が開けると思いますので自分発見に役立ててください。

 

悩みの種が居場所を知る

 

悩みは大きく分けると3つで構成されています。
どこに種があるのかを知ることから始めてみましょう。
悩みは全てを関連付けていますので一か所を改善すると他のことにも影響を与えます。

良くなることにも言えますが、悪くなるときにも連携されていると考えましょう。
作り出している場所を探すことで悩みを大きくしない、小さくしていくことができます。

【人間の悩みを形成しているもの】

  • 人間関係の悩み
  • 仕事の悩み
  • お金の悩み

人間関係に悩みを持った私の脳のタイプは礼型です。
心のタイプは論理的タイプです。
人間関係重視で相手との関係性をよりよく保つ調和タイプです。
脳の診断で礼型だった人は当てはまることがあると思います。(上記のサイトを参照)

現在は自分らしく生きることが難しいと言われています。
それは便利でもありますが情報量がネックになっています。分かってはいるけど正解ということが世の中に溢れすぎているので自分の答えを言えないことが多いはずです。


そんな時代に合わせるのが一番得意なのが論理礼型なんです。
人間関係や仕事、お金に関しても調和を取れるんです。

個人差はありますが調和を求める論理和型の人は、なんでも真ん中が分かるんです。
真ん中が好みでもあります。
人間関係調和のスキルが極端に高い論理和型は、人間関係の間に挟まれることが多いのも特徴です。
タイプなので受け入れるという方法をおすすめします。

 

まとめ

 

論理和型の人の悩み。

実は悩みの中心が自分ではない場合が多いんです。
誰かの悩みに首を突っ込んでしまう場合が多く、悩んではいるけど自分じゃないんです。
勝手に揉めてる人の間に自然と入ってしまうんです。

もしあなたが論理和型で人間関係で悩んでいるとしたら
次のことを注意してみてください。

  • 八方美人にならない
  • 人の相談をむやみに受けない
  • 嫌だと言おう

大きな枠で考えるとこのようなことが挙げられます。

論理和型の特徴を踏まえたアクションになります。
他にもいろんなバージョンがありますが、論理和型の場合は遠くから物事を見てしまうクセがありますので、距離を詰めることも大事なアクションになります。

このようにこのブログでは、4人の天才たちの2つの種類で成り立っていることを提唱していきます。
天才性の心理学という名前を作りあなたの中にいる天才にフォーカスしていきます。

天才を見つけたいときに寄ってください。

 

最後までありがとうございました。
また、お逢いしましょう!

広告
スポンサーリンク
広告
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

大山裕介

あなたの中の4人の天才たち 潜在意識の心理学 マインドタイプ心理学と通して4タイプの自分が自分を幸せにすることへの重大な役割があります。 自分の軸を理解し定め、他の天才たちと共に自分発見をしていきましょう。

Copyright© 「あなたの中の4人の天才たち」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.