【マインドタイプ心理学】

感情でしか動かない?!感型さんの悩み解決方法はコレ!!

2019年3月5日

こんにちは

マインドタイプマイスター大山です。

 

自分の感情にストレートな心のタイプで感型は、脳のタイプでいうと「義型」
義という脳のタイプは文字通り義理と人情タイプです。


曲がったことが大嫌いで一度心が離れてしまうと梃子(てこ)でも動きません。
頑固な面もありますが人情に厚く人助けが好きなのが特徴です。


人間関係の悩みもないわけではありませんが、頭に血が上りやすく自分でも分かってはいるんですが止められないという状態が常に続いている状態が多いタイプです。


愛情に満ち溢れた感型さんは友人が多数居ないと心の悩みを抱えます。

何かに悩んでいる訳でもなく、話す相手が居ないということに不安を抱えます。
何か行動を起こすときに極端すぎる面をもっていますので、人からは好き嫌いが激しい人として見られがちなところもあります。

 

 

広告
スポンサーリンク

感型の詳しい特徴と悩みを感じた時の解決方法!

 

必要とされてないという自己嫌悪に陥りやすいので、誰でもいいから肯定してほしくなってしまう気質です。ですが判断が極端すぎてついていけないというところを直すことが前提になります。


それが出来ていないと今後も同じ悩みを持ち続けることになります。基本的に自分でも分かっているけど治せないというのが、本当の悩みと言ったところです。


良いも悪いも感情で変化していきますので、日替わりの悩みが多いのがポイントです。全部のタイプに該当することですが、悩みを悩みと認めると改善の方法はたくさんあるのですが、認めないことには自分の現在地が分からない状態がいつまでも続いています。


何も解決しないまま時間だけが過ぎていくことに成りかねません。


気が付けば時間がかなり経ってい居るなんてことも同時に注意が必要かもしれません。なにか判断をするときに0か100のどちらかなんです。


ダメったらダメ、嫌だっていったら嫌だということを崩すことのない頑固おやじのような性格が多いこのタイプは悩みを悩みとも認めないことが多々あります。


良いったらなんでもよくなってしまいますので、本質をよく考えることが悩みを解決する方法になりそうです。


素直になるということが一番の方法かもしれません。

 

悩みをそんなに抱えないタイプなので、解決するより活かす!

 

気分屋ではありますが人情に熱いタイプなので兄貴肌を活かして目標に向かっていくとうまくいきます。

今回は占いみたいになってしまいましたが、自分のタイプ以外苦手なんだなぁとつくづく思います。自分のタイプ「和型」のことであればすらすら思考が回るのに、苦手なタイプの悩みだと心を入れるのにかなり時間がかかってしまいます。


危険を顧みない分、不安を抱えることが多いのが悩みの大半ですが、兄貴肌ということもあり表に出さないんです。強がるといったイメージです。
極端に言うと、心を許した人にしか何も話しません。一度へそを曲げると大変です。


奥さんがこのタイプの人はマジで要注意!
しばらくは無視されます。

 

まとめ

 

感覚で行動してしまう感型さんは、そのままでもいいのですが、変わりたいと思うのであれば感じる前に行動。感じるのではなく、考えて行動すると悩みが解消されます。考えるクセを付けることが最善策。


心の根っこは変わることはありませんが、思考の癖は変えることが出来ます。心をトレーニングするには順序がありますので意識を持って行動してみましょう。


感情で動いてしまうのはしょうがないとして、感情で動いた後、今どうしてこれをやったんだろう?何が目的だったんだろう?と考えてみることで感型さんはさらに進化します。

感情をコントロールできない時に来る悩みを表に出せないことが一番の悩みなので、0か100の考え方ではなく少しの余裕を持ちましょう。

 

最後までありがとうございました。

広告
スポンサーリンク
広告
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

大山裕介

あなたの中の4人の天才たち 潜在意識の心理学 マインドタイプ心理学と通して4タイプの自分が自分を幸せにすることへの重大な役割があります。 自分の軸を理解し定め、他の天才たちと共に自分発見をしていきましょう。

Copyright© 「あなたの中の4人の天才たち」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。