潜在意識を知ると心が少し軽くなる マインドタイプマイスター大山裕介

マインドタイプはそれぞれの想いであなたを幸せにしようとしている!

 
自由に生きる
この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの中の4人の天才たち 潜在意識の心理学 マインドタイプ心理学と通して4タイプの自分が自分を幸せにすることへの重大な役割があります。 自分の軸を理解し定め、他の天才たちと共に自分発見をしていきましょう。

マインドタイプ心理学。潜在意識の中の隠れた自分を表しています。そのマインドタイプは特徴があり、それぞれの得意分野を活かしています。それは自分自身の中にあるもので、何かをしなければいけないということは何もありません。

 

ただ、意識を集中させるだけで自分の得意なマインドは自然に力を発揮します。そのマインドですが、それぞれの想いを持ちあなたを幸せにしようとしています。

 

 

スポンサーリンク

4つのマインドタイプはどこを向いている?

 

4つのマインドタイプはいろんな方向を向いています。あなたの行きたいところに連れていってくれるマインドは、どのマインドかは決まっていないのです。例えばマインドコアが勇型だとしたら、勇気と行動であなたを導こうとしています。

 

ですが、和型だとしたら違う方法を取ろうとします。和型は全体を見渡し全体的な調和を元にあなたを幸せにしようとします。勇型とぶつかるのは和型と考型です。考型は行動する前に考えることが必要だと主張します。

 

まず勇型の行動を止めようとします。考えてから行動しないと気が済まないのです。分かるでしょうか。すでにぶつかっているのです。それが例えどのマインドもあなたを幸せにしようとしているのですが、アクションでぶつかります。

 

その状態が悩んでいる状態です。

 

どちらも幸せにしてくれようと一生懸命にあなたを動かそうとしていますが、どうやって幸せにしようかでぶつかります。結局はどっちでもいいのですが、主張がぶつかると迷ったり悩んだりしてしまいます。

 

あなたを不幸にしようとしているマインドは一つもありません。

 

 

4つのマインドがあることを理解しよう!

 

まずは4つのマインドを理解することから始めてみましょう。苦手はあるけど全てのマインドは全力であなたを導きます。それに自分自身が反抗してしまうんです。行動の方が先という勇型と考えてから行動しなきゃダメという考型。一番ぶつかるのがこのマインドです。そしてあまり何も考えないで直感を頼りにしたい感型は自由を求めます。

 

行動するのも自由だし、考えるのも自由。どちらのかたも待たない感型は、制限されたり、やりたいことをやらせてくれないと動くのをやめます。一度へそを曲げたらいくら説得しようとしても動きません。

 

これは和型も同じ性質を持っています。和型も考型よりの考えですので、やりたいことばかりはやってられないという真面目な性質を持っているので、考型とは息が合います。その代わり自由に行動している感型とぶつかってしまいます。

 

勇型と考型の二つのマインドは、何かにぶつかるとどんな手段でも前に進みたがります。逆に考型と和型は一度ぶつかると解決するまで動きません。ここに大きな違いが生まれます。

 

ですが、4つのマインドは常にあなたを幸せにしようとしていることは間違いありません。どんな道を辿っていくかでぶつかっているのです。目的は同じでも向かう手段でぶつかっているだけなので、どのマインドが中心でも幸せになることは決まっているのです。

 

 

マインドの主張合戦!

 

勇型は「まずは行動あるのみでしょ!」

考型は「考えてから行動しなきゃ!」

感型は「どっちでもいいから好きにさせて!」

和型は「みんな仲良く行こうよ!」

 

これがマインドタイプの主張合戦です。このマインドを全て同時に活かそうとすることが悩みに繋がります。そして解決はしません。自分の中で勝手に行われていますので。

これが悩みがなくならない原因になっているのですが、どうしたら悩みがなくなるかを考えたことがあるでしょうか。

 

悩みがなくなる方法が一つだけあります。

それは、幸せに向かわないこと。

 

どのマインドもあなたを幸せにしたくてたまらないのです。その想いがなくなれば、もしかしたら悩むことはなくなるかもしれません。生きている目的がなくなてしまうのです。

 

そうならないようにマインド達は得意を活かして主張しています。行動が得意な勇型は行動することの大事さを常に伝えています。この場合、行動をして成功した人などを引き寄せたり、行動することの大事さを記した本などを引き寄せます。

 

行動が大事だと思わせる何かを集めてプレゼンしてくるのです。

 

同じように和型は、どう向かったかじゃなくて誰と向かったかが重要というメッセージを集め始めます。和になるような仲間を集めたり、調和の大切さを感じるような出来事を引き寄せてプレゼンしてきます。

 

もう何が正解かが分からない状態になるのです。

 

どのマインドもあなたの成長に欠かせない能力を持っています。どれも無視できないものですので、一つのマインドに集中するのではなく、場面に寄って力を発揮していきましょう。

 

仲間といるときは和型を使い、一人でいるときは感型。リーダーとしては勇型、会議では考型という風な使い分けが必要となります。そして、それが無意識で行われていることをお忘れなく。

 

意識してマインドを動かすのではなく、必要な場面になると活躍できる状態を常に持っておくとあなたは勝手に幸せになります。悩みが増えても、迷いが生まれてもマインドがうまく活用されるようになるのです。

 

力を抜いて場に任せる。これが無意識にあなたのマインドが活躍するための唯一のアクションになります。力が入っている状態を作ってしまうと、必ず主張合戦が始まり前に進めなくなってしまいます。

 

うまく活用する方法は一つ!

 

力を抜いて場に任せる。するとその場にあったマインドが勝手に出て来ます。つまり勝手に幸せに向かってくれるということです。信じるかどうかは自由ですが、試しに迷いそうなときに力を抜いてみてください。

 

勝手に良い方に進みます。お試しください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの中の4人の天才たち 潜在意識の心理学 マインドタイプ心理学と通して4タイプの自分が自分を幸せにすることへの重大な役割があります。 自分の軸を理解し定め、他の天才たちと共に自分発見をしていきましょう。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© あなたの中の4人の天才たち , 2019 All Rights Reserved.