【コラム】豊かな心を創造する

日本人が「幸せ」を感じない根本理由!幸福度調査より

どうも、大山です。

本日は、何を思ったか「日本の幸福度」を調べ始めました。
私たちの住む日本。
世界で「幸せ」と思う気持ちはどのくらいか知りたくないですか?

知りたくない?

私は知りたい!

ということで、3月の幸福デーのデータを元に強引に幸せランキングをお知らせいたします。

目を背けないでしっかりと見てくださいね!(^^)!

ワールドハピネスレポートは、世界のハッピーの現状を画期的に調査したもので、156か国をランク付けし、市民が自分自身をどれだけ幸せに感じるかを評価しています。ワールドハピネスレポート2020は、主観的な幸福度によって世界中の都市を初めてランク付けし、社会、都市、および自然環境がどのように組み合わされて私たちの幸福に影響を与えるかについて、より深く掘り下げています。

引用元:https://worldhappiness.report/ed/2020/#read

3月20日は国際幸福デー。
今回はこの世界で「幸せだなぁ」と感じる国はどこなのかを記した記事から私たちのジャパンがどのくらい幸せを感じているかを調べてみました!

どうでしょうか?

幸せですかと聞かれて、一直線に「幸せだなぁ」と答えることができるでしょうか。

私たち人間の求めているところではありますが、あまり知られていない内容だと思いますので解説させていただきます。

そして、何が原因で幸せ度が上がらないのかも考えてみましたのでシェアさせていただきます。

広告
スポンサーリンク

実は下がっている「幸福度」in ジャパン

2019年の去年。
世界156か国を対象にした調査結果からお伝えしようと思います。

我々の国、日本は堂々の第62位・・・( ノД`)シクシク…

どうした?!
なんかあったのか??

ちなみに、上位の国は、1位フィンランド。
2位デンマーク、3位スイス、4位アイスランド、5位ノルウェーと北欧諸国が並んでいます。

理由としては、社会保障がしっかりとしている点が挙げられています。

では、収入以外で幸福度を上げるものランキングは

メモ

【世界幸福度ランキングの要因】

  • 健康・寿命 2位(74.8歳)
  • GDP 24位
  • 自由度 64位
  • 寛容・寛大さ 92位

う~ん・・・といったイメージです(;´・ω・)

要因別で考えてみる

まずは、健康と寿命。
どうですか?
まあ、長生きする国なんだね・・・といった印象。

次!

GDP

そもそもGDPって何?
という疑問から浮かんでくると思います。

GDPとは、国内総生産のことなんです。
説明すると偉く長くなってしまって、ブログが嫌われると困るので私なりのい一言でまとめます。

GDPとは、「国の経済力」
お金を生む力という感じの認識でいいと思います。

GDPを詳しく知りたいという勉強熱心な方はこちらで学ぶとよろしい。

参考

データの時間さんのサイト

https://data.wingarc.com/gdp-and-japan-18294

次!

自由度!64位!

微妙・・・

 

次!

寛容さ!92位!

微妙・・・

掘り下げるのに、細かい順位を追っていても仕方ないので、まとめあげます!

 

長生きする国で、生産的にはそこそこで、自由度がそんなになく、寛容じゃない国。

私たちが住む日本!

一度来てみてはいかがですか?

 

というアピールになります('◇')ゞ

ふざけてないで、今後の対策を練っていきましょう!

情報と共に不幸が増えてない?!「不幸を感じるポイント①」

ここからは私の個人的意見を堂々と申し上げます!
勝手な発言だと思って聞き流してください。

2012年から始まった幸福度調査ですが、年々下がり続けています。

2012年といういうと、8年前。
どんどんネット社会になっていき、スマホが出始めたくらい。

ということは、情報は増え続けているということです。

 

情報が増えるとどうなるんでしたっけ?

世の中便利になっていっているはずです!

便利になると幸福度って上がるものなんじゃなかったかな・・・

 

自由度に特化してみてみると、2010年に11位まで上がっています。

自由度がなくなっていき、国民が幸福感を失っている状態です。

 

情報が増え、便利と言われるものが増えている中、幸せ感が減る。
情報が増えることで、私たちは幸せになる方法を知ることができるようになったんです。

ですが、よく考えてみてください。

情報が増えると幸せになる方法が増えるということは、不幸を認識することが増えるということなんです!
ここがものすごく重要なポイントです。

便利という考え方も同じです。

 

便利が増えると、単純に考えて「不便」を認識しやすくなります。

その結果、幸福度が下がっていっているということです。

労働環境「不幸を感じるポイント②」

日本の休暇制度にあるのではないかと思います。

昔から日本人は働き過ぎと言われていました。
覚えてますでしょうか。

ですが、海外に比べて祝日は多いんです!

2020年で見ていると、祝日18日。
少ない国はイギリスの8日、アメリカで10日です。

日本は祝日が多いのに、働き過ぎと言われたり休みが少ないと言われるのでしょうか。

 

答えは簡単ですよね。

「休んでないから」です。

休みがあっても休めていないのが現状だと思います。

 

あとは、海外の場合、長期休暇が多いということも幸福度に繋がっていると思います。

補足ではありますが、日本人の性質からなのか、よく分かりませんが有休を取らない国としても有名です。
理由は、「言いづらいから」というのが第1位。

休んだとしても、陰口を叩かれているのではないか、迷惑をかけているのではないかと考えながら休みを取る。
肩身が狭い休暇になってしまっています。

もちろん、全ての企業や人に当てはまることではありませんが。
思い当たるところはあると思います。

では、最後に対策を考えてみましょう。

対策を取るとしたら

幸福度を考える時に重要になってくるのが、今回お伝えした2つのポイント。

  1. 情報を逆から捉えている
  2. 休めていない

この2つです。

 

情報に対しての対策は、便利に踊らされるな!これです。
便利だからという言葉に踊らされて、必要ないものまで取り入れて逆に不幸を招いている可能性があります。

便利というものは、全ての人に当てはまるものではないということを認識しましょう!

 

続いて、休めていないという点に関しては、有休取得率50%と低い我が国日本。
これは個人というより企業が問題視する必要があります。

休暇を取って楽しんでいるかを考えることが必要になってきます。
個人の自由なので、プライベートまで口を出せとは言いませんが、しっかりと仕事をしながらでも休暇を取って楽しむことができるというスタイルをとることが企業に求められる課題だと思います。

 

嫌な顔をせず休暇を取らせる、人を見て仕事だけでなく、プライベートでも楽しむことができる社風を作ることに力を入れることが幸福度を含め、生産性にも繋がると思います。
つまり、GDPも上昇することになります。

今の状況も考慮しなくてはならない問題ですので、課題として頭に置いておいた方がいい内容だと思います。

長生きはするけど幸福ではない。
これは「苦痛」というものに変化するのではないでしょうか。

 

自分の会社や、周りを見て自分にできることを一つでも考えてみましょう!

目指せトップ10です!

 

いや!

1位目指してみるのも悪くないと思います。

 

今、現状の状態でもできることは一つだけあります!

「幸せと思うこと」

簡単なようで難しいことではありますが、気持ち一つで変わることができます。

ぜひ、今日から「幸せだなぁ」を口癖にしてみましょう!

何かが大きく変わります。

 

最後までありがとうございました!

最後はお知らせ

YouTube

道徳とは何か【道徳と倫理の違い】モラハラは撲滅!

関わってはいけない人【人間関係】逃げることも大事
https://youtu.be/0x72H0wIq1I

【感情とは】感情との向き合い方!感情初心者必見!
https://youtu.be/HXwXNs3G83M

聴く学びを取り入れる「Amazonオーディブル」

カフェ読書

詳しくはコチラ

【学び方改革】Amazonオーディブルで知識の隙間を埋める!無料体験あり

 

 

広告
スポンサーリンク
広告
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

大山裕介

あなたの中の4人の天才たち 潜在意識の心理学 マインドタイプ心理学と通して4タイプの自分が自分を幸せにすることへの重大な役割があります。 自分の軸を理解し定め、他の天才たちと共に自分発見をしていきましょう。

Copyright© 「あなたの中の4人の天才たち」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。