潜在意識を知ると心が少し軽くなる マインドタイプマイスター大山裕介

天才性を解放する!リラックス状態にするためにアンテナを変える!

 
リラックス状態が天才性を発揮
この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの中の4人の天才たち 潜在意識の心理学 マインドタイプ心理学と通して4タイプの自分が自分を幸せにすることへの重大な役割があります。 自分の軸を理解し定め、他の天才たちと共に自分発見をしていきましょう。

私たちは学校というところで完璧にする訓練を受けています。100点を取るために勉強し、バツが付いたところがどこなのかを考えます。その自分のダメだったところにフォーカスしエネルギーを集中させているんです。

 

私はダメだったところにフォーカスすることはありませんでしたし、勉強もほとんどしませんでした。今になって分かることですが100点を取る気持ちが人より薄かったのかもしれません。常に早く終わらないかなと思う一見不真面目な学生でした。

 

その頃の自分を考えても分かるのですが、何が目的で学校に行っていたのか?それは人とのふれあいだった気がします。マインドタイプでいうと和型の私は人との関係や全体の雰囲気が好きなんです。

 

そこに自分の目的をもっていっている状態ですから、何か結果を求められることにエネルギーを使えなかったのかもしれません。このように天才性のアンテナは何を受信しようとしているかが天才性に繋がるのかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

天才性とは「心地よい状態」を作ること

 

天才性と聞くと何か特別な能力があるようなイメージを浮かべてしまうかもしれませんが、私の思う天才性とは自分が力を使わなくても受け取れる状態を言います。これはリラックスできる状態が最高のパフォーマンスに繋がるからなんです。

 

心地よい状態を作ることは誰にでもできると思います。ですが、今の時代は情報を無駄に受け取ってしまっている状態が多いのではないでしょうか。休憩時間でもスマホで情報を得ています。移動時間ももしかしたらスマホを開いているかもしれません。

 

今まで何もしていなかった時間も脳は情報を記憶するエネルギーを使っていますので、とてもリラックスした状態にはなっていないのです。

 

リラックス状態(天才性状態)を作るためには、何もしない時間を作る必要があります。いろんな機能が働いているときは脳は戦闘態勢に入っています。いつでも記憶する準備ができています。

 

その状態からはリラックスはできないのです。リラックス状態に持って行くためには、一旦落ち着いて戦闘モードを解除します。そして精神状態をニュートラル状態にしてからリラックスすることをおすすめします。

 

リラックスするためのアンテナを選択することで、今の自分に必要な状態を作りやすくなります。次にマインドタイプ別のアンテナをご紹介します。

 

 

マインドタイプで分かれるアンテナ

 

私のマインドタイプは「和型」ですので、アンテナは全体に向いています。状況や空間といったアンテナを張っています。直感が得な「感型」さんも四方にアンテナが張られている状態を作っています。

 

この二つのマインドが全体的なアンテナを張っているのですが、和型のアンテナは外から自分に向けての全体のアンテナに対して、感型のアンテナが自分から周りに向いているアンテナです。

 

両方受け取るというアンテナではありますが、受け取るスタイルが分かれています。イメージは外に向かっているか内に向かっているかの違いです。自分のマインドコアはありますが、意識次第でどのマインドも使えますので、自分に合ったマインドのアンテナを張るということが重要になります。

 

次に勇型のアンテナは外向きなんですが、直線に近い受信の仕方をします。興味ないものは受信しないようになっています。ですが、興味を持っているものに関しては心の状態や体の状態に関係なく受け取るエネルギーがあります。

 

他のマインドは心と体の状態に左右されることがありますが、勇型はどんな状態でも突進する能力を持っています。

 

最後に考型のアンテナですが、考型のアンテナは常に受信できる状態にあるのですが、受け取った情報をすぐに分析してしまうというクセがあります。そして受け取ったにも関わらず自分に合う合わないを判断して放棄します。

 

根っこに刺さらないと受け取らないという頑固さがあるアンテナを持っています。何かに特化した情報を得たいときには考型のアンテナで受信することをおすすめします。

 

まとめ

 

4つの天才性を全て持っているので、常にどれかのアンテナは張ってある状態です。それが内に向いているか外に向いているかでその時のマインドが分かるんです。

 

【マインドタイプ別のアンテナ】

天才の多くは勇型と感型の天才性を活かしていると思います。つまり外に向けた状態のアンテナで進むタイプです。

 

勇型
直型のアンテナで興味があるものに関しては無差別で受信

考型
分析型のアンテナで受け取ったらすぐに分析、気が済むまで分解

感型
分散型のアンテナで興味があるかどうかは受け取ってから決める

和型
調和型のアンテナで全体的に必要かどうかを客観視して受け取ります

 

受取り方が違って来ますので、うまく今の自分に合った受け取り方を選択する必要があります。人間関係に悩みを持っている人のアンテナは和型のアンテナにしておいた方が人間関係の調和の状態に持っていきやすい情報が受信できます。

 

行動のためのプランで行き詰っている人は考型の分析アンテナを張っておくとインスピレーションは順序だてて考えられる状態になりやすいと思います。

 

とにかく楽しむことを求めている状態にある場合は間違いなく感型のアンテナを張っておくことです。なんでも受け取ります。そしてなんでも楽しめる状態になります。

 

行動、勇気を欲しているときは勇型のアンテナを意識すると一歩目が早くなります。次に何があるかを考えずに進める勇気のアンテナなので、まず進んでみたいと思うときや何かを始める勇気が欲しいときには断然勇型のアンテナです。

 

こころと身体の状態をリラックス状態に持って行き自分の天才性を発揮させるためには状況に合わせてアンテナを切り替えることが大切です。

アンテナの切り替えはどうやるのか?

 

アンテナの切り替えスイッチは「言葉」です。言葉を変えることや一日の始まりに今日はどのマインドのアンテナを使うかを選択すると意識が切り替わります。そしてマインドの意味を理解していると、アンテナの電波が良い状態になります。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの中の4人の天才たち 潜在意識の心理学 マインドタイプ心理学と通して4タイプの自分が自分を幸せにすることへの重大な役割があります。 自分の軸を理解し定め、他の天才たちと共に自分発見をしていきましょう。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© あなたの中の4人の天才たち , 2019 All Rights Reserved.