潜在意識を知ると心が少し軽くなる マインドタイプマイスター大山裕介

【心理学の基礎】マインドタイプを活かす天才性心理学!

2019/08/29
 
天才性心理学 マインドをサポート マインドタイプ心理学
この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの中の4人の天才たち 潜在意識の心理学 マインドタイプ心理学と通して4タイプの自分が自分を幸せにすることへの重大な役割があります。 自分の軸を理解し定め、他の天才たちと共に自分発見をしていきましょう。

マインドタイプ心理学では、潜在意識での自分の役割を表しています。
そのマインドコアにあたるマインドを活躍させて、自分らしく生きていくことがセンターに近づく方法と言えるのですが、天才性心理学では、そのマインドを活かすことはもちろんのこと、コア以外のマインドをコアがどのように活かす行動を取っているかを知ることができます。

スポンサーリンク

マインドコアはあなたにとって一番の味方!

マインドタイプは4つに分かれています。
その4つのマインドは同時に存在することがなく、感情によって行き来する状態を取っています。その感情が全てのチャンネルを変えるきっかけになっているのですが、感情ではなく動くときがあります。

 

それが、一歩引いたマインドコアの存在です。
いつも得意なタイプを使っているわけではなく、苦手なタイプも使いながらセンターという生きて行く目的に向かって進みます。

 

そして、マインドコア以外のマインドがコアのように見える状態。
マインドが動いた訳ではなく、コアがサポートに回っている状態があるのです。。見た目はマインドコアが違ったのではないかと思う状態に見えるかもしれません。

ですが、コアは潜在意識の心を表しています。
すぐには変わらないのです。それよりも苦手なマインドを手助けしている状態と見ていいでしょう。

 

マインドコアはいつでも出て来れるからこそ、サポートに回ると強い自分になれる!

心のタイプを表すと分かりづらい場合は、普段の生活やチームを思い出して欲しい。一番能力が高い人物が一歩引いた状態で待機しているとします。
他のメンバーが活躍するよう手助けをしている状態です。

 

そして、状況が悪くなったら、それを回復するようにすぐに出て来れる状態で待機しているのです。心で考えてもマインドコアは黙っていても、自分が本気にならなっくてはならない状況では存在感を表します。

 

それまで、他のマインドを援助する状態にいるのです。
安心感という武器を手にしている状態ですので、普段以上のパフォーマンスを発揮できることになります。

 

マインドコアが一歩引いた状態だからこそ作れる環境です。
チームでも心でも同じことが起こるのです。
マインドコアは勝負ところまで出て来ない状態。秘密兵器といった存在というわけです。

 

強い自分が後方に回ることができない理由

強いマインドがなぜサポート役に回ることができないのか。
力強く他のマインドを率いてセンターに向かわなくてはならないと思う人は少なくない。私自身もほとんどをマインドコアで過ごしているのです。

 

それは、潜在意識での自分自身の心地よさ。
そして、強い自分の部分ということを認識しているからなんです。
他のマインドでは、この場は乗り越えられないからと、いつも勝負ところで使うべきマインドを常に使ってしまっています。

 

自分の考え方で一番信頼のおけるマインドが頼りになるのは当然です。
それでは、いつ他のマインドを使って活躍するというのでしょうか。
そして、他のマインドを率いてセンターに向かっている気になっているだけで、常に同じマインドを使っている人は、他のマインドを使うきっかけがないのです。

 

わざわざ弱い自分を出すこタイミングがないからです。
カードゲームを例に挙げると、強いカードが常に使える状態で、弱いカードを使う機会がないということです。常に強いカードで勝負していた方が勝てることは当然です。

それの何が悪いのかというと、特に悪いということではないのですが、他のカードを必ず使わないといけないとしたら、いつ使うかを考えるはずなんです。マインドは全てのカードを使ってセンターに向かうことを目的としています。

そのカードを活躍させるタイミングが重要ということです。

 

まとめ

最後はカードゲームを例えに挙げましたが、相手や状況への相性を考えてカードという心の種類を変えて勝負することが天才性心理学という考え方です。
じゃんけんと同様、必ず勝てるものがないように、マインドコアだけでは勝てない状況に他のマインドを使って勝ちにいくことが必要になります。

 

マインドタイプは状況に合わせてマインドを使い分けるということではないのですが、状況に応じてマインドが活躍することは間違いありません。
求められていることに対し、今どのマインドで力を発揮するかで結果は変わってくるのです。

 

プロジェクトを任されたときに任務を遂行することを目的としたとき、和型と感型では達成は難しい状況になってしまいます。
それまでに勇型と考型をどう活躍させていたかで、そのときの状況を達成に向かわせる能力が変わります。

 

どのタイプを今の状況は必要としているかを考えるのではなく、空気を読むということをマインドコアが勝手に行うようになります。

一歩引いた状態のマインドが無意識に必要な能力を発揮するようになるのです。その為にも天才性を活かす必要があります。

 

自分のマインドを客観視すると天才性が発揮できるということです。
自分に隠された天才性とは、無意識の状態でマインドが入れ替わっている状態を見つけることと言えるのです。

 

あなたの天才性は、まだ未意識の中にあるのかもしれません。
未意識とは、未来の無意識を意味します。
気づくというより、思い出すことが必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの中の4人の天才たち 潜在意識の心理学 マインドタイプ心理学と通して4タイプの自分が自分を幸せにすることへの重大な役割があります。 自分の軸を理解し定め、他の天才たちと共に自分発見をしていきましょう。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© あなたの中の4人の天才たち , 2019 All Rights Reserved.