潜在意識を知ると心が少し軽くなる マインドタイプマイスター大山裕介

【誰もがクリエイター】天才性をクリエイトために必要なこと!

2019/08/29
 
天才性心理学 人生をクリエイトする 
この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの中の4人の天才たち 潜在意識の心理学 マインドタイプ心理学と通して4タイプの自分が自分を幸せにすることへの重大な役割があります。 自分の軸を理解し定め、他の天才たちと共に自分発見をしていきましょう。

最近、天才という言葉に触れて改めて大切なことが見えて来ました。自分の信じて来た道を追求するのは良いかもしれませんが、その先に自分が何を求めているのかがあるとないとでは、限界値が変わってくるのです。

天から与えられた才能に気づくために、今現在気づいている才能を活かしつつ、その才能に紐づいた分野に目を向ける必要があります。

そうでなければ、自分を活かしているつもりが、逆に縮こまらせてしまっています。

スポンサーリンク

自分の目的の根元と先端を探る

なぜ、あなたは今の目標に至ったのか?
これは、常に自分に問いかける必要があります。目的に近づくにつれて手段がどんどん変わって来ます。その中で、目的に近い手段が出てくることがあります。
それを目的と勘違いしてしまうことが多いのです。

目的を持つときに、先人の言葉や、周りの人の為に何ができるか考え、誰かのやっていることをマネすることは大事なことです。
学ぶの語源は「真似る」ことです。真似ることと、それに自分をミックスすることで、自分の天才性をクリエイトすることになるのです。

 

一つのことを追求するときに、根本が先人だったとします。
結果を比べるでしょうか?おそらく比べ物にならないと思います。それは、良くも悪くも比べることではないからです。

目的を持つということは、誰かと比べる為ではなく、自分の進む道を常に照らしてくれる大切な存在になります。迷ったとき、困ったとき、元気になりたいとき、どんなときでも身近に感じることが、軸をブレずに保つ方法なんです。

 

人と比べて感じることは、唯一必要のないものです。

人と何かを比べてしまうと、勝ち負けを必要に追ってしまいがちです。それが意味をなさないことに気づくのにも時間がかかります。
気づかないうちに、誰かに勝つことが目的に変わってしまう場合が一番危険です。

同僚と成績を比べることは、次の自分に対しての課題などが見える場合がありますが、それは、全く目的には関係のないことです。出世だけが人生の目的であればそれでもいいのですが、おそらくいないでしょう。
出世をするのは、単に手段なんです。人生を今よりも豊かにするために辿るただの道の種類です。

ただ一つ比べていいとしたら、今の自分と昨日の自分。もしくは1年前の自分くらいが丁度いいと思います。去年の自分と未来の自分。この前後2年を考えることが、天才性に気づく時間の距離です。

 

「自分」を決めると、そこから進まない!

比べることは必要ないとお伝えしましたが、この世界は比べることで成り立っているのは確かなことです。例えば、ここに長い棒があります。この「長い」とはどういうことなんでしょうか。

何センチなら長いのか?何と比べて長いのか?
その棒だけでは、「長い」という事実が存在しません。

年収1000万円というワードは、メディアに操作された記憶の中にあるものです。年収100万円だと不幸で、年収1000万円だと幸せという事実はありません。ですが、なぜかこの数字に収まってしまっているようです。

違う仕事をしていて、年収の目標が同じである必要はなく、生活の基準も違えば価値観も違うのです。自分を他人の枠に収めて苦しむのはやめましょう。
あなたの目的に必要なのは、比べるお金ではなく、目的に向かうために必要な手段を持っている人と自分の違いだけです。

そこでも、過度な比較は必要なく、自分の大きさはどこに行っても変わらないことは覚えておきましょう。

 

まとめ

今回は天才性を発揮するために必要なことをお伝えしましたが、一言で言うと「比べない」ということです。
比べないとは、比較をしないということではなく、自分を誰かの枠に収めないということです。何かと比べないと結果を確認しづらいように、比べることは必要です。

比べて結果をどう使うかが、その後のあなたの天才性に関連する項目になります。今現在出来ていることの中には、今後の道はないと考えみましょう。そして、目的をはっきり自分に問いかけることで、確認しながら修正を繰り替えすことが必要になって来ます。

人口1億人が全てクリエイターになる時代と言われていますが、何かを創造するのに、先人の言葉はとくに大事になって来ます。そして、先人とは比べづらいことも比較に適しています。

身近な人と比較してしまうと、なぜか張り合うように出来ています。それが目的にすり替わってしまい、方向を見失います。方位磁石に他の磁石を近づけたような状態になってしまいます。

赤い部分は常に目的を指しているつもりでも、狂ってしまうのが身近な存在と比べることです。

 

自分の道は自分で創ることが、人生の楽しさとリンクしていると思います。
創造の中に自分を探すのか、自分の中に創造を探すのか。
目的を見失わないように、自分に問いかけるクセを持つと、いつでも修正しながら進めます。

自分で生きましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの中の4人の天才たち 潜在意識の心理学 マインドタイプ心理学と通して4タイプの自分が自分を幸せにすることへの重大な役割があります。 自分の軸を理解し定め、他の天才たちと共に自分発見をしていきましょう。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© あなたの中の4人の天才たち , 2019 All Rights Reserved.