潜在意識を知ると心が少し軽くなる マインドタイプマイスター大山裕介

天才たちの組織するもの。マインドのバランスを取らないリーダー!

 
バランス 天才性心理学 マインドタイプ
この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの中の4人の天才たち 潜在意識の心理学 マインドタイプ心理学と通して4タイプの自分が自分を幸せにすることへの重大な役割があります。 自分の軸を理解し定め、他の天才たちと共に自分発見をしていきましょう。

心を組織しているマインドタイプ。組織やチームでも同じことを言えるのですが、リーダーが全てを決めてしまってはいないだろうか。

マインドタイプも全てのマインドを使うことが、豊かさへの道へ続く道。センターという自己成長と他者貢献に向かっている。ここで重要になるのが、結局はマインドコアを使って物事を決めてしまっていないかということです。

 

得意なマインドを使うことが成功への道なのではなく、バランスよくマインドを成長させることが成功への道に繋がっているのです。
組織やチームでも、リーダーが全てを決めているようであれば、成功への道には繋がっていないということです。

 

スポンサーリンク

【マイクロマネジメント】メンバーのブレーキはリーダーです。

心の組織と、組織やチームの組織を重ね合わせて考えてみます。
組織やチームでもよく見かけるのが「マイクロマネジメント」これは、親の過保護状態のようなマネジメントを表しています。

全て細かく管理し、決定は全てリーダーが行う。
その状態で部下やメンバーが成長へと向かうはずはありません、それどころか自分の存在価値に不安を感じることに繋がってしまいます。

 

心も同じなんです。4つのマインドタイプをうまくサイクルさせるて成長へと向かうためにはバランスよく活躍させることが大切です。それをマインドコアがリーダーとなり、決定を全てしてしまうと、コア以外のマインドは成長をしません。存在に不安を感じることはさすがにありませんが、能力が必要なときに出て来なくなってしまいます。

 

マインドを全て使わないということは、自分の成長がそこでストップしてしまうのです。一つだけマインドを使うと、苦手な場面で助けてくれることがなく、いつも同じマインドで解決しようとしてしまいます。

天才性を発揮させることなく、苦手なものは苦手。といった考えや行動になってしまいます。例えば、行動が必要なときに必要な勇型のスキル。
マインドコアは和型の調和だとします。行動を求められているときに勇型のスキルを活用できずに和型の行動力を使うのです。

 

和型は行動できなくはないのですが、行動というより動くことが目的になってしまいます。マインドコアが和型の人も、行動するときには勇型のマインドを使います。もちろん考えるときには考型を使い、感情に任せるときには感型を使うのです。

 

いつでも状況に合わせたマインドが活躍できるように、普段から成長をさせていかなくてはなりません。一つのマインドでは限界が近いのです。それを、他のマインドを使い限界値を拡げることをしています。
それが成長に繋がり次に同じような状況になったときに、今までとは違った結果を生むのです。

 

部下を成長させることも同じです。いつも細かく管理して、行動の指示だけはリーダーが出すことを続けていると、部下は成長しません。
何を言っても仕方ない。自分で決めるだけ無駄という考えになってしまいます。

部下が自分から行動し、決断をすることが必要な場面に出くわしたらどうなるかは一目瞭然です。結果に責任を持たず、行動といってもやるだけの行動。自立をせず大人になってしまう状態を作ってしまいます。

 

作っているのは、間違いなく上司でありリーダーです。
管理することは悪いことではありませんが、細かすぎる管理は人を成長には向かわせていないことは覚えておいてください。

自分が言ったように動くようになってきたと、リーダーは成長をさせたという勘違いをしてしまうことになってしまってはいけません。前を歩いていて付いてきていると思ったら、自分の後ろには誰もいない状態になっています。

 

ヒエラルキー型のリーダーの後ろにはおそらくすでに誰もいません。
力で押さえつける時代はもう6年前に終わっているのです。6年前というのが2013年、個人が個人の能力で活躍すると言われ始めてからです。

 

ヒエラルキー型のリーダーがいるとどうなるかというと、個の能力が内側に向きます。良くするために能力を使うのではなく、怒られないために使うようになります。

せっかくの個人の能力が一人のためだけに使うようになるのです。
チームを活かすために個人が活躍する時代ということですので、1の能力が10にも100にもなるのです。

それを内側に閉じ込めてしまうので、1は1のまま。
それはリーダーが心の矢印を変えてしまっています。自分でそのように導いておいてまた怒ります。

内側に向いていた矢印がただの棒になります。
そうしているのはリーダー本人なのに、「最近の若いやつは使えない」なんて言葉を使う人も出てくるのです。

 

気づかなくてはいけないのは、時代に合わせた考え方が出来ないリーダーの方なんです。マインドも同様に押し込んでいると、活躍することなく自分の内側に向いてしまいます。

外側に向けて、自分をクリエイトしていきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの中の4人の天才たち 潜在意識の心理学 マインドタイプ心理学と通して4タイプの自分が自分を幸せにすることへの重大な役割があります。 自分の軸を理解し定め、他の天才たちと共に自分発見をしていきましょう。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© あなたの中の4人の天才たち , 2019 All Rights Reserved.