潜在意識を知ると心が少し軽くなる マインドタイプマイスター大山裕介

【天才性の見つけ方】好きと得意の重なりを見つける!

2019/08/29
 
天才性心理学 天才性 マインドタイプ心理学
この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの中の4人の天才たち 潜在意識の心理学 マインドタイプ心理学と通して4タイプの自分が自分を幸せにすることへの重大な役割があります。 自分の軸を理解し定め、他の天才たちと共に自分発見をしていきましょう。

天才というと思いつく人物が何人かいると思います。
あなたはどんな天才でしょうか。天才とは限られた人間にある才能かもしれません。ですが、天才性を見つけることが可能性を拡げる唯一の方法なんです。

自分の天才性に気づくことができれば、考えることはなく感じる。
その感じるという心の動きを見つけることが第一歩の行動ということになります。

自分に何ができるのかを考えることは大事です。
脳が反応します。ですが、何ができるのかと同じくらい大事にしているのが、何がしたいかです。この自分に対する問いに気づくことであなたの可能性は進化して行きます。

 

 

スポンサーリンク

天才性を見つけるためには目標を立てない

何かを成し遂げるためには目的を持ち、目標を立てることが大事です。
目標を達成しながら目的に沿って進むことを学ぶことが多いと思うのですが、私が思うスタイルは少し違っています。

 

目的も持つことまでは同じなんですが、目標を立てることをしないのです。
目標を立てると、達成します。
それは予想通りの結果になるということです。

自分の潜在意識に問いかけ、自分の可能性という天才性を開花させるためには、予想を超えることが大事だと思っています。つまり、目標を達成するくらいでは足りないのです。目標を立てることで限界を考え、高い目標を立てることで無理が生じる場合があります。

それでは開花しないのが天才性です。

 

天才性を開花させるためには奇跡が必要です。ありきたりな目標には奇跡が生まれません。そして、遠い目標だと達成しません。
すると何をするかというと、「もっと頑張ります!」

これはそのうち疲れて辞めてしまうことになります。
私が目標を立てないのは、目標通りの結果では物足りない、そして、高い目標だと達成する前にに疲れてしまうという考えを持っているからです。

 

では、どのようにして目的に向かっていくのかというと、目標を立てないのが一つ。楽しむことを目標にするといった抽象的なことを目指す。
結果を気にしないで突き進む。

 

この3つのことを実践していきます。
私が学ぶマインドタイプ心理学では、自分の潜在意識に気づき新たな自分を発見するという学びになっていますが、目標は持たずに自分が進みたい方向に進むことにしています。

 

これは、目標という枠を付けてしまうことで可能性のフタをしてしまうのが嫌だからです。目標自体を否定している訳ではなく、想像以上の自分に出会うためには目標ではなく方向性だけを追い求めることが大事だと思うのです。

 

何のために頑張っているかを理解する

あなたがもし、辛い思いをして頑張っているとしたらそれは疲れるだけで何も生まれません。辛いという気持ちはあなたの求めることに繋がっていないからなんです。それでも辛い思いを続けるのであれば続けてみてください。

きっと疲れます。

 

あなたの頑張りは辛くならないようにするためなはずなんです。
そして、辛いことをしている間は楽しいことを考えることが出来ません。辛いという思いを誤魔化すために楽しいことが生まれるというマイナスからゼロに向かうことにしかならないのです。

私はそれに気づいたとき、新たな道が見え始めました。

 

目標を立てるというよりは、ロジックを考えるということが必要になって来ます。目標という枠を一生懸命考えて、自分を追い込んで自分じゃない誰かの目標のようなものを追いかけるのはやめにしましょう。

 

好きと得意の重なりと社会性

好きなことだけでは生活ができない場合があります。得意なことだけでは心が満たされないことがあります。
好きと得意のバランスが大切です。そして、好きだし得意なことの重なりを見つけたとしても社会性が付いてきていないと、これも生活していくことが難しいのかもしれません。

うまく自分の好きなことと得意なこと。
社会性を読んで自分にできる「今」の最善を尽くしましょう。

 

天才性を見つけるまでの4つのステップ

天才性を見つけるために最初に必要なのが「アイデア」です。
思いつきという言葉を英語でいうと「just an idea」と表します。思いつきというアイデアが天才性の原点になるということです。

まずはアイデアが浮かんだらそれを採用しましょう。
どんなに馬鹿らしいことでも採用です。自分を信じましょう。

 

そして次にその構成を知る段階に移ります。これはアイデアがどんな造りになっているかを知ることです。どんな思いがあってそのアイデアが浮かんだのかを知ることが重要です。これが2ステップ目になります。 

3つ目に、その構成を知ることで心がどう動くかでその速度が変わります。
感じるということ。
大きく分けると、アイデアを感じるという単純なことなんですが、アイデアの時点で人目を気にすることで考えただけになってしまいます。

自分だけの考えでいいので、しっかりと向き合ってみましょう。
人に見せるものや、会社に提出することを考えないとしたら、自分の枠が解放されます。

 

それが天才性の引き出しというものです。

 

最後のステップは「行動」です。
感じることができてからの行動に意味があります。失敗してもどんな結果になっても受け入れることができます。

この工程を踏まないと失敗したときに挫折を味わいます。
そして、結果を気にしないということが次のステップに繋がるのです。

結果は大事ということを良く聞きますが、このステップ踏んだときの結果はどちらでもいいので、基本的に気にしないで可能性を伸ばしましょう。良い結果だったから自分に合っている。得意なことという見かたをしてしまうと、結果が出なかったことは好きじゃないに繋がってしまいます。

 

自分のアイデアを否定してしまうことになり、次のアイデアが生まれなくなってしまいますので、結果を気にしないでおkましょう。

 

あなたのやりたいことは「アイデア」の中にある

生まれつきの天才はいません。アイデアをカタチにした人が天才と呼ばれることが多かったのかもしれません。
天才性を見つけるということは、自分がどのタイプで生きることが合っているかを考えるだけのことです。

天才は自分に合った生き方を選択しただけなんです。

 

どんな方向に進むにしてもアイデアがなければスタートを切ることはできません。自分の性質に気づき感性を磨くことがアイデアを天才性にまで引き上げるということです。心の仕組み。これが天才性の仕組みです。

天才性を発揮した人を天才と呼ぶかもしれませんが、その考え方をするのであれば誰もが天才になれるということになります。
天才性を発揮するということは、自分で考えたことをやり続けた人。自分の好きなことを曲げなかった人なんです。

 

それが、人のためになるという社会性に繋がることも大事ですが、繋がらなくても自分一人で納得できることであれば迷惑をかけない程度に自由に発想していいと思っています。

 

まとめ

私たちの脳は天才と呼ばれる人と変わりません。
誰もが天才の可能性を持っていることを証明しています。これは脳科学で証明されていますので、脳科学を学んでいる人であればすでにお気づきだと思います。

心理学と脳科学。この掛け合わせが仕組みになっています。
つまり、天才になるのではなく天才性に気づき表現することが、天才への進みかたになります。

 

天才性と呼んでいますが、潜在意識の心理学。マインドタイプの4つのタイプが天才性です。自分のタイプを知り、それをどう表現するかを意識することで自分のタイプが分かり、その道をライフワークをして進むことができます。

この世の中は、自分の天才性を楽しみながら見つけていくことになります。人生は自分で生きるものです。
自分以外で生きていると間違いなく苦しくなります。全て思い通りになることはありません。それは、自分のやりたいことや好きなことに気づくためにあるのです。

 

苦しい生き方をしている人はもうすでに気づき始めている証拠です。
自分の生きかたを表現して天才性の方向に進んでみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの中の4人の天才たち 潜在意識の心理学 マインドタイプ心理学と通して4タイプの自分が自分を幸せにすることへの重大な役割があります。 自分の軸を理解し定め、他の天才たちと共に自分発見をしていきましょう。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© あなたの中の4人の天才たち , 2019 All Rights Reserved.