潜在意識を知ると心が少し軽くなる マインドタイプマイスター大山裕介

【天才性本領発揮】問題と原因は違う天才性で解決!

2019/08/29
 
苦手を克服 克服出来ない理由 マインドタイプ心理学 マイスター大山
この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの中の4人の天才たち 潜在意識の心理学 マインドタイプ心理学と通して4タイプの自分が自分を幸せにすることへの重大な役割があります。 自分の軸を理解し定め、他の天才たちと共に自分発見をしていきましょう。

もしあなたが何かの問題に面しているとします。
問題となった現実に惑わされてしまってはいけません。自分の問題と感じたマインドと解決のマインドは違うのです。

同じマインドだと解決に向かうことなく、どんどん深みにはまってしまうので、マインドを変えることをおすすめします。そのままだと時間だけが過ぎてしまって解決をしないままになります。

このように問題の原因になることを理解し、それを解決するマインドが違うということを覚えておくと、次に何をしなくてはならないかが理解できます。

スポンサーリンク

問題となったときのマインドを考える

考えるといった時点で考型の天才性を発揮しなくてはならないのですが、基本的に問題視するのは、考型か和型なんです。
勇型は問題視する前に動いていまいます。

感型も同じ動きをします。感型に関しては直感が働きますので、問題を察知する前に流す能力を持っています。つまり、問題と感じることはなく、その前に違う道を行っていまうのが感型です。

 

問題に直面したときのマインドを把握する必要があるのですが、考型なのか和型なのかだけが分かれば具体的な原因が分かります。問題に意識を向けるタイプが2つあるのですが、その解決方法は対角にあります。

解決が得意ではないのですが、問題を抱えるマインドの対角は、その問題の解決方法を知っているのです。問題を深層心理で把握することができればその後は行動か感覚に任せるというスタイルになります。

 

失敗や問題を自分の未来に変えることができるのは、問題を掘り下げたときにどのマインドに行きつくかが大切です。そのマインドの対角が解決するといいましたが、解決しないままにすることになるかもしれません。

 

マインドで変わる解決方法

勇型が問題を発見

勇型が問題を発見したとします。勇型の対角は和型です。
行動していたら問題に直面したとします。和型は解決を求めていません。その問題を調和で和らげて次の行動を促します。

つまり勇型で問題を発見したときは、解決することもありますが、和型の能力でなかったような雰囲気を作ってしまうのです。この場合、解決というよりは和らげて次の行動に移ってしまいます。

考型が問題を発見

考型が問題を発見したときが一番解決しづらいと思います。
考型の対角は感型。和型と一緒で解決を求めていません。問題の大きさにもよりますが、和らげる和型と違い、問題をスルーする可能性が高いです。

考型は論理的に解決を求めていますが、問題を発見するまでが得意で、そのままの状態で解決はしません。感型に解決を求めると考えることが苦手なので、勢いで押し切るか、違う話にすり替わってしまいます。この場合も解決していません。

感型が問題を発見

感型が問題を発見し、考型の天才性で解決するというスタイルが理想です。ですが、感覚で生きている感型にとってマインドをチェンジするという発想にはならないのです。

感型の特徴は次々と違う興味があるものを見つけるというものがあります。
対角のマインドが考型ということを理解していると、解決のプランを考え始めます。感型が考え始めたら解決は一番早いタイプです。

ですが、ほとんど考えません。感じたままを行動に移してしまうタイプの感型は、考えるより感じろというスタンスで物事を進めますので、この場合も解決していないことが多いと思います。

和型が問題を発見

和型が問題を発見すると厄介です。すぐに拡げてしまうタイプです。
調和が逆の効果を発揮するのです。そして、考え始めたら解決するまで次のことを始めないタイプです。

和型の対角はというと勇型です。
どうなるかというと、行動して問題を解決しようとします。ですが、あまり得意ではない行動を取るので結果、解決しないで進んでいる状態になります。

 

結論:問題は解決しない

ここまで4つ天才性で解決すると思いきや、どのタイプも解決しないで進んでいることが分かります。これではマインドを知ることで何がいいのかと思ってしまうかもしれません。

マインドタイプを知るということは、問題が起きたときにどのようにして次に進むかが重要なんです。考えすぎにならないことが天才性の発揮することになります。

必ずしも解決しなくてはいけない問題というものはなく、そのままになっていることが多いのではないでしょうか。大事なことは問題をどうやって解決するかではなく、問題とどう向き合うかなんです。

 

問題を解決しないと前に進めないということは、ほとんどありません。
抱えた問題はどこから来ているのかを考えるために起きています。それを掘り下げることが問題と向き合うということなんです。

今まで起きた問題を思い出してみてください。
解決した問題はあるでしょうか。無かったことにはなりませんが、解決しないで進むことになっているはずです。

 

問題は解決することを必要としているのではなく、どんな対応をするのか。
どんな問題が自分に起きるのかを知るために起きているのかを理解し、苦手なことを知るツールでしかありません。

あなたには今、どんな問題がありますか?
対角のマインドがその問題の逸らしかたを知っています。それが、解決という名の進み方なんです。いつまでも向き合ってないで、どうするかを考えてみましょう。

問題は成長するために存在しますので、どんなに完璧な人でもぶつかる壁です。それどう見るかをいろんな経験で越えていくのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの中の4人の天才たち 潜在意識の心理学 マインドタイプ心理学と通して4タイプの自分が自分を幸せにすることへの重大な役割があります。 自分の軸を理解し定め、他の天才たちと共に自分発見をしていきましょう。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© あなたの中の4人の天才たち , 2019 All Rights Reserved.