潜在意識を知ると心が少し軽くなる マインドタイプマイスター大山裕介

【人類総クリエイター時代】才能は天才のみに与えられるものではない!

2019/08/29
 
天才性心理学 人類総クリエイター時代 才能の見つけ方
この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの中の4人の天才たち 潜在意識の心理学 マインドタイプ心理学と通して4タイプの自分が自分を幸せにすることへの重大な役割があります。 自分の軸を理解し定め、他の天才たちと共に自分発見をしていきましょう。

自分の人生はこれでいいのかと問いただす毎日。
友人と食事をしているときは忘れるけど一人になると不安になる。そんな毎日を過ごし月曜になったら覚悟を決めて仕事に行く。

その毎日が楽しく過ごせているのであればいいのですが、自分にはもっと幸せに向かっていけるはずだ。そのためにはこの生活では進んで行けないと思ったことがあると思います。

私も思います。何か自分に人とは違う才能はないのか?
自問自答することに疲れてしまうと、毎日の仕事に追われることに逃げてしまいます。自分のことを考えるのにエネルギーを多く使います。

では、どのようにして自分の才能に気づくことができるのかを見つける旅に出てみましょう。

 

 

スポンサーリンク

情報が答えを出し過ぎる!

今の世の中は情報で溢れています。溢れているということは誰かが拾うということなんです。あなたも実感しているのではないでしょうか。
何かを目指すと答えがどこにでも落ちています。目指した瞬間にゴールが見えるのです。

そして、明るい未来ではなく暗い未来が見えてしまいます。
情報はあって困ることはないのですが、あり過ぎると行動を狭めてしまいます。自分は独立して成功するのか?という気持ちを持ちながら開業したはいいけどいまくいかなかったなんてのは不思議なことではありません。

実際に開業して残るのはほんの一部の人だけです。
では、開業しない方がいいのかというとそうではなく、開業したままの状態を保とうとすると残ることは難しいということです。

 

自分の能力を発見し、独自の進む道はそれから創られます。
つまり、進んだ道の先が自分の道になるのです。それが、また何かで答えが出ているかもしれませんが、自分の意思の強さがあなたを守ってくれます。

才能を見つけるということは、意思の強さを証明する自分に気づくということです。

 

子供の頃は才能溢れたクリエイターだったんだ!

あなたは公園で遊ぶときに滑り台の滑り方の効率を考えていたでしょうか。
とにかく滑ることや、逆から登ってちょっと楽しくなったり、飽きたら違う遊びを考えたり、違う遊具で遊び始めたりと思考が追い付かないくらいの行動を取っていたと思います。

その好奇心がクリエイターの元になるのです。
好奇心という自分を考える前に動かす力。それが才能という能力です。
もちろん個人差はありますが、遊ぶこと楽しむことに集中していた頃が一番の創造主だったんです。

では、今はどうでしょうか?

正解という自分の幸せに直結していないモノを一生懸命に追い続け、辿り付いても達成感すら無いことが多く存在します。心が疲れないはずがありません。
間違いなく疲れます。その疲れることをどのように回避しながら幸せに向かうかを見つけることが一生懸命進む前に必要なことだと考えています。

 

いつからでも楽しく生きることができる!

自分にある天才性に気づくこと。それに向かっていく間に生まれるコミュニティが自分の使命に変わり、心の一番深いところに根付くイメージです。
自分のやって来たことが待ちがいではなかったと思える瞬間。それは人の喜びと接したときです。

天才性に気づくことであなたの人生は劇的に楽しくなります。
自分の天才性や才能に気づき人生がつまらなくなったという人はいないはずです。そのくらい天才性が重要なことなんです。

 

私たちは自分の可能性を小さく見積もっています。
可能性は人と比べることではなく、自分の中にある範囲を狭めることが得意な国に育っているからです。日本という国は自分を人と比べることを集中的に教育されます。

潜在意識のタイプは3歳~7歳で育まれると言われています。
そして私たちが受けている義務教育は12歳まであります。例えば7歳までが最高のクリエイター時代だとして、残りの5年で和を乱さないという教育を受け、クリエイトをやめます。

 

その5年でどのように過ごすかで社会に出てからが決まります。
高校に行き少しクリエイトし出しますが、あまりはみ出ると人間関係に歪みが生まれます。それを怖がることでまた自分の枠を決めてしまいます。

大学に入ると受動的か創造的かの二極化が拡がっていきます。アルバイトや部活動での活動で自分の創造性を創り出すこともできます。

 

自分の天才性に気づきそうになったとき、社会に出てまた枠を作ることになってしまいます。
自分にはクリエイトする才能があるということだけでも知っておきましょう。
何かができるから才能があるのではなく、あなたでいる以上クリエイターなんです。

 

人類総クリエイター時代

天才は才能があったから天才なのではなく、才能を信じたから天才と呼ばれたのです。あなたに相対性理論を唱えることも可能なんです。
ただ信じること。自分には天才性があってそれをまだ見つけていない状態ということを信じることしかないのです。

歌がうまい人や絵がうまい人を才能があっていいなぁと思うことはないでしょうか。それは誰と比べてなんでしょうか。
多くが収入に関しての繋がりです。何かをして収入を得ることが才能と呼んでいます。

お金にならないことを続けていても生活ができないというだけです。
それは表現方法の一つでしかありません。

 

お金を稼ぐことが才能だと思っているのであれば、そこを目指すこともいいと思います。ですが、自分の天才性に気づきライフワークを新たにするという意識があるのであれば、そこに向かうことで自分らしさが必要になります。

あなたにしかできない希少性を持たせることで天才性は発揮されます。

 

誰かがやっていること。それと同じことをやる。
そこには「あなた」という最も大事な存在が掛け合わされますので、世界で一つのものが出来上がるのです。

 

天才性は直接お金に繋がらない場合もある

あなたの能力が収入に結び付かない場合もあります。
ただの評価で終わることなんて普通にあります。ですが、収入に結び付かないことと才能がないとはイコールではありません。

人に説明するのがうまい人は、「説明がうまい人」でしかありません。周りの評価ではお金に繋がっていません。ですが、そういう才能を収入に結び付けることを考えると、セミナー講師になることを考えたり、講座を開いて収入に結び付けることができます。

結び付ける知識は必要になりますが、知識はつければいいだけです。
知識なんて聞くだけでもいいんです。つまり、収入にしていないのは自分自身なんです。

 

人に言われたことを収入にできるかどうかを考えているかどうかだけの違いです。サッカーがうまいと言われてサッカー選手を目指すのか。好きなスポーツは野球だから稼げなくても野球を選択するのかは自分で決めることです。

話がうまいという現実を、話がうまい人で終わらせるか、活かして収入に結び付けるかは自分で選ぶことができるのです。

 

始める勇気。それだけが必要になります。
始めると決めると、どうやって始めるかを考え始めます。そして、人に聞いたり先に始めている人を見て学んだりと行動が生まれるのです。

現実的に生活があるという逃げ道を作る人は、そこでの幸せを考えればいいのです。今の自分は活躍していないと感じたら動いてみましょう。

 

相談するなら0円で始めることができます。

可能性にフタをしているのは他の誰でもない!あなた自身なんです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの中の4人の天才たち 潜在意識の心理学 マインドタイプ心理学と通して4タイプの自分が自分を幸せにすることへの重大な役割があります。 自分の軸を理解し定め、他の天才たちと共に自分発見をしていきましょう。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© あなたの中の4人の天才たち , 2019 All Rights Reserved.