潜在意識を知ると心が少し軽くなる マインドタイプマイスター大山裕介

夢を叶えるための感型と勇型!

 
働きアリの法則 4人の天才 天才性心理学
この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの中の4人の天才たち 潜在意識の心理学 マインドタイプ心理学と通して4タイプの自分が自分を幸せにすることへの重大な役割があります。 自分の軸を理解し定め、他の天才たちと共に自分発見をしていきましょう。

【あなたの中4人の天才たち】
私たちの中には4つのタイプが存在します。それを活かすかどうかで未来が変わって来ます。スキルを掛け合わせることで自分だけのスキルを生み出すということです。

それが天才性として自分の中で浸透させることができたら、かける自分で世界に一つだけのスキルに変化します。

スキルだけを考えてしまうと誰かができることになってしまいますが、自分という存在を掛け合わせることで誰にもマネできないスキルがあなたの自信に変容していきます。

 

 

スポンサーリンク

気づきのスキルは感型

マインドタイプの中で進むきっかけになっているのが感型の気づきです。
直感という言い方もしますが、あなたが望むことに正直に反応するタイプになります。

 

この感型を使っているという意識を持つと、自分に正直に進むことができます。表現の自由を思いっきり使ったタイプですので、自分を信じると必ず発揮されるマインドになります。

 

感型の気づきと勇型の行動。これがやはり次のステップに進むきっかけになることは間違いありません。感型と勇型は陽のタイプ。
進むための道筋が明るく見えるタイプです。

 

マインドを活かすためには

どんな場面でどのマインドを使うのかは自動?意識をしてマインドを切り替えることをしなくてもマインドは常にその状況に合わせて活躍しています。
行動が苦手な人でも行動はするように、考えることが苦手だと人も考えることをしているから思うことなんです。

 

マインドを活かすことの重要さは分かるけど、肝心な活躍させる方法が分からなくて活かすことができないという人も使っているからこそ苦手ということが分かっていますので使うという感覚ではなく、鍛えるという感覚です。

 

行動が苦手な人は私のような和型。和型は調和をもっとも得意としていますが、行動に移すとなると一歩も二歩も遅れてしまいます。
マインドをうまく使うためには行動が苦手という意識を持つのではなく、行動するための道筋を考えるために考型を鍛えるという意識が必要です。

 

つまり、苦手なことに向かうためには順序があるということです。

 

マインドの進む順番

4つのマインドをうまく活用するためには、まずは自分のマインドコアを知ること。そして、対角が一番苦手な分野という認識を持つことでより一層コアがどんなマインドなのかを理解することができます。

 

マインドタイプ無料診断で自分のマインドを知ることで進むのが早いとは思いますが、どうしても診断は受けたくないという人はこのブログを読んでいただければなんとなく自分のタイプが分かってくると思います。

 

4つのマインドの種類を理解した後は、順番と苦手なタイプへの進み方です。
私の和型の縦隣には考型があります。マインドコアを100%で表すと次に得意なのが縦隣。和型にとっての進む順番は考型を鍛えること。

 

縦隣は70%になります。得意な数値と思ってください。そして、考型のマインドを鍛えることで行動の勇型をやっと鍛えることが出来ます。
対角の数値は10%。そして最後に横に並ぶマインドです。

 

横に並ぶマインドは40%というどちらかというと苦手という数値になっています。そのタイプを鍛えるということでマインドが一回りし次のステージに進むことができます。

ほとんどの人は苦手なことは知っています。でも順番を間違っています。苦手なマインドを鍛えようとしていますので、なかなかうまくいかないのです。
このようにマインドを鍛え一周したときに一回り大きな自分に進化して行きます。

 

ステージを変えることで見えること

今回のテーマでもあります。感型と勇型が夢を叶えるためにもっとも使うマインドなんですが、他のマインドなしでは成長に向かっていないということです。
どのマインドも必要で、感性を活かし気づくことそれをすぐ行動に移す行動力が目立って必要になりますが、他のマインドコアを持っている人も実は使っているマインドですので、何周もしながらステージを上げていくのです。

 

感型を活かすためには自分の直感を信じること。勇型を活かすためには考える前に行動。和型から見るとどちらも苦手なマインドですが、苦手なマインドだからこそ他のマインドを鍛えることが大切になってきます。

 

考えることから始まり、行動してみる。そして感型の感じる力に辿り付きます。行動するうちに見える感覚が必要になります。感じると同時に気づきに感謝ができるようになると和型に戻ったときに自己成長というプレゼントをもらうことができます。

これで一つのサイクルが終わり次のサイクルに入ります。
行動が必要だからといっても行動だけしていても自己成長とは言えないのです。感覚、直感が大事だと言っても感じるままに動いていても次に繋がらないのは他のマインドがうまく活用できていない状態だからなんです。

 

苦手を知り、マインドの流れを知ることでステージが変わっていくことまで見えていきます。そのサイクルを感じることが感型を活かすということになり、次のステージでは見える景色が違ってくるということです。

 

一つのマインドをいくら鍛えたとしてもステージは上がりません。
一つ上のステージに上がるためには、自分を知り受け止めることで自然とステージが上がります。

 

無理なく自己成長するためには成長させる順番が必要ということです。
自分を見つけどんな自分も活躍させましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの中の4人の天才たち 潜在意識の心理学 マインドタイプ心理学と通して4タイプの自分が自分を幸せにすることへの重大な役割があります。 自分の軸を理解し定め、他の天才たちと共に自分発見をしていきましょう。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© あなたの中の4人の天才たち , 2019 All Rights Reserved.