潜在意識を知ると心が少し軽くなる マインドタイプマイスター大山裕介

コミュニケーション特性・うわべだけの付き合いは必要!

 
4人の天才 マインドタイプ コミュニケーション 相手との関係性
この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの中の4人の天才たち 潜在意識の心理学 マインドタイプ心理学と通して4タイプの自分が自分を幸せにすることへの重大な役割があります。 自分の軸を理解し定め、他の天才たちと共に自分発見をしていきましょう。

【あなたの中の4人の天才たち】
コミュニケーションには、数多くの種類があり、本質的なものとうわべのものとに分かれます。うわべだけと聞くと聞こえが悪いかもしれないが、うわべのコミュニケーションなしでは、世の中が上手く回らないのが現状です。

スポンサーリンク

タイプ別のコミュニケーション。

あなたの中には4人の天才がいます。
この4人の天才は個々には能力を発揮しますが、力を合わせるという能力に欠けます。それは、自分の中にもコミュニケーションというものが存在するからなんです。

自分の軸になるタイプの対角。和型の私の対角は勇型です。
軸になるタイプと対角の能力は相反するものになっていますので、どちらかを立てるとどちらかが立たないという状態になってしまいます。

人とのコミュニケーションも同じことが言えるのです。
自分の軸の対角の人とは本質的に合わないようになっています。それをコミュニケーションでどうにかしようとすると、うわべを合わせるという手段になります。

合わない人とは話をしないのが一番なんですが、社会に出るとそうも言ってられないと思います。うわべは対角の人と話すときには必要ということです。

 

コミュニケーションで一番大切なこと

それは、相手を知るということです。
相手を知ることをから逃げていては、近づくことはないのです。

もし、あなたが人と話をするとしたら、どんな相手が話をしやすいでしょうか。自分の話を聞いてくれる人だと私は思います。

「傾聴」相手の意見に耳を傾けるという意味です。

人は、無意識にコミュニケーションを取ろうとします。これは、長い学校教育で養った能力で、団体行動をしていた人には必ずあります。

自分の想いだけを伝えようとしても、伝わらないのは自分のタイプの対角の人なんです。対角のタイプの人か自分になりものを持っている人とは話をしたくないものです。

人に対してある人間関係のスタイルは、実は自分の中にも存在するのです。

 

コミュニケーションの習慣を思い出すと見えてくるもの

コミュニケーションとは、自分と相手の関係性で成り立っています。
人間関係と呼ばれるものは、そのバランスが崩れたときに生まれます。引けばいという訳ではなく、引いた相手には、こちらがでっぱるという相互の関係性が無ければ進まないということです。

人間関係を気にするあまりやってしまいがちな間違いがそこにあります。人間関係を守るために自分は、出過ぎないことに気をつけてしまう。すると、引いた相手とはうまくいかないという結果をもたらします。

なぜかは分かると思います。
人間関係といっているのに、関係性が作れていない状況だからです。引くことだけでなく、相手の態度を見ながら接することで自分の次のアクションが決まります。

相手を知ると人間関係が崩れにくいのは、相手の引き際が理解できるからです。あまり仲の良くない人とのコミュニケーションは、実は探り合いになって当たり前なんです。

コミュニケーションのポイントは、相手の出方次第で自分が出なくてはなりません。人に何かを求めた時点で人間関係が崩れるということの原因も理解できるはずです。

普段からの人に対する距離感で人間関係は作れるということです。

 

相手はどのタイプで話をしているかを知る

マインドタイプは4つあります。私が言う4人の天才です。
あなたも何かをするときにはいつも違う天才が顔を出します。その天才がその場で必要だからです。

行動を求められる場面では勇型がでますし、全体的にまとめる役のときは和型が能力を発揮します。考えるときは考型。感謝や直感で何かを決めるときは感型というような感じです。

同じように相手も天才の種類を持っています。
なんか好きになれない人やタイプ、うまくいかない人間関係とは、相手の出してきた天才の種類でしかありません。

間違いなく対角の天才で来ています。

 

こちらが良く考えようとしているのに、直感で感じる雰囲気で来られると、この人とは合わない、好きになれないというエネルギーの状態になります。人が合わないことはよっぽどのことがなければありません。ただ、あなたの対角のタイプを出していると思ってください。

100%の理論ではありませんが、これを知って実践していくと人間関係が今までよりうまくいきます。

 

ポイントは無理に合わせなっくていいということです。
合うタイミングが必ずあるはずです。根本が違うというほど相手を知らない場合は避ける必要はありません。

 

まとめ

コミュニケーションは、相手との対話。自分との対話で成り立っています。
合わない人間というのは存在しないのが私の理論です。合わないタイプ同士で何かをしようとしているだけなんです。

勇型で接して来たら、自分も勇型で対話するか。そしくは、次に得意な感型で対話すること。考型の論理的なタイプで接して来たら、同じ考型で接するかもしっくは和型の調和のバランスを取るタイプを出す。

相手がどんなタイプで来ているのかを瞬時に判断する訓練をすれば対話することができるようになります。

 

4人の天才を全部ご説明します。

感型で対話してくる場合は、イメージで擬音交じりの感型で対話する。もしくは行動で表す勇型で接する。相手が和型で来たら和型で関係性を保つか、論理的な考型で接する。

4人のタイプをそれぞれ一番得意を100とすると、二番目に得意なタイプで接するというポイントをご説明しました。
二番目に得意なタイプは70という数値で表すことができます。

間違っても自分の軸のタイプだからといって、全て同じタイプで接することはしない方がいいと思います。必ずぶつかります。

根本が合わない思考だからなんです。

 

最後までありがとうございます。
今回は誰にでもいる4人の天才同士の関係性でコミュニケーションを考えてみました。これでぶつかっていた相手とのコミュニケーションも少しは良くなるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの中の4人の天才たち 潜在意識の心理学 マインドタイプ心理学と通して4タイプの自分が自分を幸せにすることへの重大な役割があります。 自分の軸を理解し定め、他の天才たちと共に自分発見をしていきましょう。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© あなたの中の4人の天才たち , 2019 All Rights Reserved.