【天才性心理学】 未分類

意識改革!意識フィールドを広げることで自分が分かる

2020年1月30日

意識することで拡がる世界があります。
無意識でも拡がることはあるのですが、意識することで顕在意識であなたが求める拡がり方をしていきます。
それが潜在意識を刺激していきます。

私たちには潜在意識という意識と顕在意識という二種類の意識があると言われています。
その大きさの違いには驚くほどの差があります。

顕在意識は約10%しかなく残りは潜在意識。
つまり無意識の領域が広く拡がっていると言われています。
無意識の領域は自分ではどうしようもない領域なんですが、誰にでも存在している世界です。

 

今日は、意識のフィールドと無意識のフィールドを解説していきます。
これを意識することで意識フィールドが拡がり、それにつられるように潜在意識フィールドが拡がっていきます。
つまり、あなた自身が拡がると思ってください。

人は変えられない!と申しますが変えれる自信があります。
正確に言うと変えるのではなく取り戻す手助けができるだけです。
変わるのはあなた自身です。

本日もよろしくお願いします。

広告
スポンサーリンク

意識フィールドを広げて意識改革

意思にはフィールドがあります。
視野という言い方をする場合もありますが、自分から拡がるフィールドを考えてみてください。
自分を出発し誰かを通じて社会や世界といった世界が拡がっていきます。

幸せにするということを広げてみると分かりやすいと思います。

  1. 自分を幸せにする
  2. 目の前の人を幸せにする
  3. 周りの人を幸せにする
  4. 目の前の人の周りの人を幸せにする
  5. 私たちの周りの人を幸せにする
  6. 社会を幸せにする
  7. 国を幸せにする
  8. 私たちの国の周りの国を幸せにする
  9. 私たちの国に関わる全ての国を幸せにする
  10. 世界を幸せにする
  11. 地球を幸せにする
  12. 私たちの住む地球に関わる星を幸せにする
  13. 私たちの銀河を幸せにする

後半はちょっと行き過ぎな気がしますので10番までにしましょう!

これが意識できるフィールドということです。
驚くことにこれが私たちが意識できる領域になりますので10%の意識レベルです。
この裏には90%の無意識があるんです。

つまり、潜在意識を刺激することであなたが思っていること以上の動きを見せるのが意識の存在なんです。

意識改革!フィールドを広げる方法

前章で意識のフィールドの拡がりを解説しましたが、自分を広げることが地球規模になることはある程度理解していただけたと思います。
全ての始まりはあなたからということです。
誰かから始まりあなたを動かして人がるものではありません。
あなたから始まります。

では、どのように自分を動かしていけばいいのでしょうか。

これが簡単なようで難しいことなのかもしれません。
ここで躓く人が私の考えでは半数になると思います。
一歩目です。大事な一歩を進めない人がどれくらいいるでしょうか。

ポイント

まず一歩目の自分が幸せにする一歩目は
「生きること」です。

生きていることではなく生きることを意識しているかどうかです。
自分の心配をすることや、どんな人物なのかを考えることができる人のフィールドです。
まずはあなたが存在していることに意識を向けること。

これが、一歩目なんです。

ほとんどが自分のしていること、できること、持っているもの、環境に左右されがちです。
その前が抜けているから進めないんです。
進めている人は自分を受け入れている人です。
意識することが重要です。

一歩目と言いましたが、これが全てです。

この意識を広げるかどうかは問題ではなく結果です。
人は一歩進むことが全て、始まりで終わりです。
次に何があるかを考えるから進めなくなってしまうんです。
意識するのは一歩目だけ。

それからどのように自分を進めるかを進んでいない内に考える必要はありません。
ですので、この先はほとんど関係ないと思ってください。

生きることに意識を向けた時点でゴールです。
この先は対でだと思ってお読みください。

意識と無関係にひろがるのが無意識

人間の意識とは無意識に広がっていきます。
無意識とは潜在意識のことですが、もともと持っているあなたの意識の深い部分を占めるものです。
あまり考えない方がいいと思います。辿り着くことはありません。

無意識に広がるからです。
その一歩目は先ほどお伝えした意識のことです。
生きることを意識することで自分は勝手に拡がっていきます。

 

では、生きることの次のフィールドをお伝えしていきます。

想像していただくと分かると思いますが、自分が存在している周りには人がいます。
地域で表すと分かりやすいかもしれません。

  • 自分の家があります。
  • 町内があります。
  • 区があります。
  • 市があります。
  • 都道府県があります。
  • ジャパンがあります。
  • 世界があります。
  • 地球があります。

このようにフィールドが拡がっていくのです。

 

では、意識を拡げていきましょう。

一歩目が生きることでしたが、二歩目は「楽しむこと」です。
厳密にいうと自分を楽しませることです。
自分を楽しませるときに何が必要でしょうか。
ここも大事なことを先にお伝えすると

ポイント

「自分を楽しませること」=「自分が何で喜べるかを知ること」

子供をあやすときにも考えると思います。

どんなことで子供が喜ぶのかを知らないとあやすこともできないと思います。
だからこそ自分の好きなこと、喜ぶことを知る必要があるのです。

 

自分を喜ばせつことの次のフィールドがあなたに関わる人が喜ぶことになります。
順序を間違ってしまうと表面だけのものになってしまうので、順を追って意識改革が必要です。

自分を喜ばせることを抜かして周りの人を喜ばせることに意識を持っていく人がいます。
自分より周りの人のことを意識すると聞けば立派に聞こえるかもしれませんが、自分も喜ばせることができない人に周りの人を喜ばせることはできません。

 

自分より周りの人を幸せにしている偉人がいるように見えますが、誰もが自分が優先しているはずです。
フィールドは必ず中心から拡がるものです。
波紋を思い浮かべてみると分かると思います。

波紋の中心には自分がいなくてはいけません。

意識を拡げるとは、自分が中心にいるということを意識する必要があるのです。
これは揺るぎません。

ここまでくるとほとんど意識せずに世界まで拡がります。
あなたの意識はあなたを経由して世界を変えるほどの勢いになります。

 

そうはいっても自分だけのことを考えている人がいると思います。
考えてみてください。
その行動があなたを動かしていることを。

この領域は意識が直接働かない場合があります。

関節的に働くものが多いんです。

自分のことしか考えない人を見かけたとします。
その行動や言動、考え方を意識することであなたの意識がそうならないようにするとか、そんなことでは良くないという意識に変わっているはずです。

実はその意識の方が拡がりが早いんです。

なので、生きることを意識する。
これは存在を意識すること。
そして、自分が楽しむことを意識する。
ここまでが直接あなたが意識することです。

その周りになっていくと関節的に拡がるもの。

 

顕在意識を超えて潜在意識の領域に入って行きます。

いくら意識が高くても知らない人を動かせるほど意識を高めることはできません。
ですが、あなたが喜ばせた人がそのまた周りの人を喜ばせるという風に拡がっていくのです。

 

忘れてはいけないのは、波紋の中心にはあなたがいるということです。

地球の裏側で喜んでいる人を喜ばせているのはあなたなんです。
ちょっと怪しい言い回しですが、巡り巡ってそうなっているのです。

最後に、

巡るというのには続きがあります。

あなたが楽しむことで喜びを得るとします。
そして周りの人の喜びや幸せに伝わり世界を変えて行きます。
大げさな気はしますが理論的にはそうなります。

世界が喜ぶ中心にはあなたがいる訳ですが、喜びの伝わりはどんどん拡がり地球を一周します。ここで繋がるんです。

その喜びはあなたまで戻って来ます。
あなたの隣であなたを喜ばせる人はあなたを通じてあなたを喜ばせているんです。
つまり、あなたを喜ばせるのはあなたなんです。

地球に住んでいる以上、誰かと誰かは繋がっています。

 

その最初の一歩はあなたが存在していることへの意識です。

書いているうちにかなり壮大なことになってしまいましたが、最初は自分が喜ぶことをしよう!ということをお伝えしたかっただけなんです。

意識が拡がりました。

最後までありがとうございました。

広告
スポンサーリンク
広告
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

大山裕介

あなたの中の4人の天才たち 潜在意識の心理学 マインドタイプ心理学と通して4タイプの自分が自分を幸せにすることへの重大な役割があります。 自分の軸を理解し定め、他の天才たちと共に自分発見をしていきましょう。

Copyright© 「あなたの中の4人の天才たち」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。