潜在意識を知ると心が少し軽くなる マインドタイプマイスター大山裕介

【天才性心理学】目指すべきリーダーシップ!

 
リーダーシップ 天才心理学 4人の天才
この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの中の4人の天才たち 潜在意識の心理学 マインドタイプ心理学と通して4タイプの自分が自分を幸せにすることへの重大な役割があります。 自分の軸を理解し定め、他の天才たちと共に自分発見をしていきましょう。

リーダーに必要な能力は特になにもありません。
何があればリーダーシップを発揮できるのかも特にありません。リーダーだけがリーダーシップを取れるわけでもなく、その場を支配している者がリーダーということです。

支配するのはその場面ですが、それは自分の中でも起こっています。自分の中には4人の天才が存在しています。
その天才性を発揮するための心理学。マインドタイプ心理学を学び、これからの自分を自然に変えてしまいましょう。

スポンサーリンク

目指すは突破力があるリーダー

マインドタイプの4つのタイプ。
【勇型】【考型】【感型】【和型】
役割がそれぞれあるのですが、突破力があるの一番は勇型でしょう。結果を出す能力が一番高いのが勇型です。

突破力でいうと感型もあるのですが、目的が人間関係や状態ですので、結果を目指していない場合がありますので、結果まで辿り着かないことが多く目的も途中で変わってしまいます。

勇型を活かしつつ、マインドコアで豊かな人生に向かいましょう。

 

視点を変えることで、誰もが勇型を活かすことが出来ます。
私は和型ですので、勇型の対角にマインドコアを持っています。苦手かというと苦手です。ですが、できないかと言われるとできるんです。

それは、勇型のサポートを和型以外が行っているからです。潜在意識の心理学としてマインドタイプは存在しています。
顕在意識は自由ということです。潜在意識では和型ですが、顕在意識で勇型を動かすという行動を取るだけです。

 

これは、考え方と行動を一緒に変えることでマインドがうまくマッチングするというように、意識することを習慣化することで、どんなタイプも自分のものに出来ます。

 

突破力の次は弱さを出すこと!

突破力には強さが必要です。自分を動かす強さ、人を動かす強さ。
ですが、強すぎるリーダーに人は付いて来ないのです。部下を見ていればわかるのですが、慕って付いてきているでしょうか。

リーダーとして成功している人は一度周りを見回してみてください。
強さに惹かれているのか、強いから従っているのか。
強さだけについてきている部下が多いのであれば、一度自分の行動を見直すことをおすすめします。

自分の強さについてきている部下は、あなたの存在に惹かれていない場合が多いからです。恐怖で人を動かす時代はとっくに終わっています。

 

弱さへの適切な対応ができる人あれば、人の痛みが分かって来ます。自分にしかできないと思うことを自然と任せてしまう。そして、できないことにイラつくといった思考に陥りやすいのです。
弱さと向き合うことで、話しかけやすい、親しみが持てるといった利点がたくさんあります。

常に弱さを魅せる必要はありません。
ただ単に弱い人間だと思われてしまうと、人が離れて行きます。状況に合わせて部下を頼る仕草が必要だということです。

 

まとめ

目指すべきリーダーシップというものは、組織の数だけ存在すると思っています。人の数だけあると言っても過言ではありません。


そのチームを活かすも殺すもリーダー次第ではありますが、誰でもリーダーシップを取れることを前提にお伝えしていますので、チームを動かすことができるのは全員ということになります。

リーダーとは完璧ではありません。
完璧である必要がないからです。物事を一人で行うこと自体無意味に近いと思います。弱さを見せて人を頼り活躍の場を作ってあげるのもリーダーの仕事の一つです。

本当の強さとは、人に任せられる強さです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
あなたの中の4人の天才たち 潜在意識の心理学 マインドタイプ心理学と通して4タイプの自分が自分を幸せにすることへの重大な役割があります。 自分の軸を理解し定め、他の天才たちと共に自分発見をしていきましょう。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© あなたの中の4人の天才たち , 2019 All Rights Reserved.